追跡

「アストリアーデ! ――ぐっ!」
 足がもつれ、サリュートアの体は勢いをつけ、硬い地面を転がった。体に走った痛みに、思わず顔を歪める。口の中に血の味が広がった。
 急いで体を起こすが、馬車の姿は土煙を上げ、どんどん小さくなる。もう人間の足では追いつけない距離だ。
「くそっ!」
 握り締めた拳で地面を叩いても、返ってくるのは痛みばかり。サリュートアは挫けそうになる心を、必死で叱咤した。ここで諦めてはいけない。投げ出してはいけない。そんなことをすれば、その時が終わりだ。
 考えろ。
 彼は頭を目まぐるしく回転させる。この状況で最善の策は何だろう。あの馬車に追いつくには。
 ――やはり、馬が必要だ。
 最後に馬が居た場所はどこだっただろう。最後に馬が居そうだった家は。
 ――何故、もっと注意して見ていなかったのだろう。
 あの女たちや、地理だけに気をつけていれば十分だと思った。まさか、いきなり馬車から突き落とされるとは思わなかったのだ。
 後悔ばかりが、次々とわき出てくる。
 でも、そんなものに浸っている場合ではない。
 サリュートアは痛む体に顔をしかめながら、気を奮い立たせ、立ち上がる。
 土煙の残滓が、目に染みた。

『サリュー。迷った時は、直感を信じろ。それが、正しい道だ』

 ふと、父の言葉が思い出される。
 父は、サリュートアのことを『サリュー』、アストリアーデのことを『アーデ』と呼ぶ。幼い頃は、それが特別な名前のようで嬉しかったが、今は違う。父が、ただ後ろめたさからそう呼んでいるのが分かったからだ。
 それを思うと、胸の辺りが重くなるが、今はそんなことを考えている場合ではない。
 サリュートアは目を閉じ、深呼吸をする。
 そして、くるりと踵を返すと、馬車の走り去った方角とは、逆の方へと走った。

 ◇ ◇ ◇

「……鬼! 悪魔! 人でなし! ヘンタイ! ブス! 厚化粧! ……えっと……」
「あら、もう終わり? ボキャブラリーが貧困だこと」
 リアが面白そうに目を細め、笑う。
 彼女は、アストリアーデが思いつく限りの罵言を浴びせかけても、余裕の態度を崩さない。『ボキャブラリー』という言葉が何を指すのか、いまいちよく分からなかったが、酷く馬鹿にされているということは分かる。
 銃はもう、腰に着けたバッグに仕舞われていた。それを使わなくても、アストリアーデのことなど、どうにでも出来るということだ。馬車の外には、二人の護衛もいる。
 アストリアーデの体を、怒りと恥ずかしさが駆け巡り、震えた。悔しくて、また涙が出そうになる。
「座ったら?」
 そんなアストリアーデのことを見兼ねたのか、ナオが穏やかに声をかけてくる。アストリアーデは興奮のあまり腰を上げて、不自然な姿勢のままだった。馬車の中は、人が完全に立てるほどには高さがない。
「なんでそんな落ち着いてるの!? あたしたち、悪いやつらに捕まっちゃったんだよ!? それとも、あんたもグルなの!?」
 ナオの平然とした態度を見て腹が立ち、アストリアーデは早口で捲くし立てる。自分が見ていたものは何だったのだろうと、心が折れそうになる。
「違うわ」
 けれどもナオは、穏やかな口調のまま、しかしきっぱりと否定した。眼鏡の奥の表情は窺えなかったが、怒っているようにも見える。
「怒ったり、泣いたり、騒ぐのは簡単だわ。でも、こんな時は何もしないのが一番よ。余計なエネルギーを使うだけで、何にもいいことなんてないもの」
「ナオ、あんたはおりこうさんね」
 そう言ってリアが笑う。本当に可笑しそうだった。こういった状況で、こんな態度を取る人間は、なかなかいないのかもしれない。
「そうかしら。ただこのお嬢さんよりも、少しだけ色々と知っているだけよ」
 ナオはそう言って肩を竦める。
 アストリアーデは、再びナオを見た。
 彼女の言う通りかもしれない。ここで騒いでも、状況は良くならないどころか、悪くなる一方だろう――そう思い、溜め息をついて腰を下ろす。
 きっとサリュートアならば、ナオと同じことを言うに違いない。そう思うと、僅かな安心感が生まれ、しかしそれを押し流すようにすぐ不安が拡がってきて、胸の奥がざわざわと鳴った。
 彼は、無事だろうか。
 いや、馬車から落ちたくらいでは、大丈夫だろう。
 それよりも――また、会えるだろうか。
「アストリアーデちゃん、景色をよく見ておいたほうがいいわ。もう、見られなくなりそうだから」
 ナオの言葉に、アストリアーデははっとして顔を上げた。
 そう、よく景色を見ておかねばならない。彼女は、一度見た景色を忘れない。それは、両親から受け継いだ才能だ。
 急いで噛りつくように近づいた窓の外を、景色が流れるように過ぎていく。

 ◇ ◇ ◇

「すみません! すみません!」
 激しく叩かれるドアの音に、けれども返答はない。サリュートアは、それでもドアを叩き続ける。もしかしたら、聞こえていないだけかもしれない。
 しかし、なかなか人が来る気配がない。気ばかりが焦る。
「はい、はい! 今開けますよ!」
 サリュートアが諦めて引き返そうと思った時、ようやく待ち望んだ人の声が、奥から聞こえてきた。
「ごめんなさいね。ちょっと今、手が離せなかったから」
 扉を開け、中から出てきた中年の女は、そう言って申し訳なさそうな顔をする。
「いえ、すみません。こちらこそ。お忙しいのに」
 サリュートアは出来るだけ礼儀正しく見えるように気をつけて謝ってから、単刀直入に用件を切り出した。
「あの、馬をお借りしたいんです。どうしても必要になったものですから」
 すると女は目を瞬かせ、それから苦笑いを浮かべた。
「馬、って……そんなこと急に言われても。うちの人はまだ仕事から帰ってこないし」
「いつ頃、帰ってきますか?」
「そうね……大体いつも、日が落ちる前には帰ってくるけど。危ないでしょ? 暗くなると」
 サリュートアはそれを聞き、空を見上げた。
 分かっていたことだったが、日が暮れるまでにはまだ時間がかかる。待っていたら、確実に間に合わなくなる。
「じゃあ、他に馬を持っている人の家を知りませんか?」
 サリュートアの質問に、女は今度は、はっきりと困惑の表情を浮かべる。
「ご近所さんは大体持ってると思うけどねぇ……皆使ってると思うよ。ここいらは町への出稼ぎが多いから。牧場でもあれば別だけど」
「ないんですか?」
 女は腕を組むと、溜め息をついた。それから視線をあちこちに彷徨わせる。
「うーん、ないね……ザデアさんのところは……ああ、確かもう使わないから売ったって言ってたかね……」
 彼女の話は全く要領を得ない。近くに住んでいるといっても、いちいち馬のことなどを確認し合ったりはしないのだろう。
 サリュートアだって、近所の者が何を所有しているかなんてことを聞かれたら、きちんと答えられる自信はない。それどころか、そんなことを知るわけないと突っぱねるかもしれない。
「すみません、ありがとうございました!」
「あっ、ごめんねー!」
 サリュートアは慌しく頭を下げると、その場を急いで離れた。
 何としてでも、馬を見つけなければ。

「はぁっ……はっ……」
 荒い息が漏れる。肩が大きく上下しているのが自分でも感じられた。胸が苦しく、足が中身の詰まった砂袋のように重い。
 一生懸命走り回って九軒の家を回ったが、駄目だった。この近くの家は、ほぼ回りつくしたと思う。
 気がつけば、地面にしゃがみこんでいた。
 遠くの空を見る。
 直感なんて信じても、何も得られなかった。
 もう、日が暮れる。血のように赤い西日が、自分を嘲笑っているかのように思えた。
 もし自分に、父のような能力があったら、この状況を何とかできたのかもしれない。
 自分には両親のように、『ル・パ』と呼ばれる存在は居ない。何故そうなったのかは分からない。でも何らかの理由で受け継がれなかった能力だ。
 他の人間よりも優れていると感じることは、自分でも多くある。けれどもそれは、特別な能力ではない。
 何故、自分には何も出来ないのだろう。
 じわじわと染み出てくる重く暗い思考と感情に、体が蝕まれていく。
「おい、どうした?」
 その時、背後から声がかかった。
 いつもよりずっと重く感じる頭を何とか振り向かせると、サリュートアの視線は、釘付けになった。
 ――馬だ。
 栗毛の、見事な体躯の馬。
「あの!」
 思わずサリュートアは、そちらへと駆け寄っていた。緊張で胸が圧迫されるようで、息が苦しくなる。
「う、馬を、貸してください! ――僕に」
 それを見て、馬に乗っていた男が訝しげな顔をした。後ろで縛った黒髪が揺れている。
「どうして馬が必要なんだ?」
「それは……」
 当然と言えば当然の問いを受け、サリュートアは言葉に詰まった。本当のことを言うべきかどうか逡巡する。
 けれども、言うしかないと思った。理由を言わなければ、馬を貸してもらえないかもしれない。アストリアーデを助けるためだ。
「実は、妹がさらわれて……」
 サリュートアが歯切れの悪い言葉を返すと、男の眉が勢いよく上がった。
「何故そんなに大事なことを最初から言わない!? 隠していても何とかなるとでも思ったか!」
 男の厳しい言葉に、サリュートアは何も言い返せなかった。その通りだったからだ。
 誰にも知られずに、自分だけで何とかすれば、また誰にも邪魔されることがなく、旅を再開することが出来ると思っていた。
「まあいい――乗れ」
 男が、手を差し出す。
「え?」
「早く!」
 男がもどかしそうにもう一度手を動かす。
 その意味をようやく理解したサリュートアは、小さく頷いた。本当は馬を借りて、自分で探しに行きたかったが仕方がない。
「はい」
 そして、男の掛け声と共に、馬は走り出した。

 景色が、次々と後ろに流れていく。
 家も、草も、木々も。
 激しい振動が体を打つ。
 サリュートアは落ちないように必死で馬の首にしがみつきながら、消えた馬車の姿を追った。
「轍の跡がある」
 道が二手に分かれていた場所で、二人は馬を降り、地面を探った。そして、まだ新しい馬車の軌跡を見つける。
「この先は――」
 男は、その先を見て呟いた。

「やられたな」
 馬車の跡をたどり、向かった先は高台になっていた。
 そして、そこにかかっていた吊り橋が、落ちていた。
 サリュートアは滑るようにして馬から降りると、橋の近くに駆け寄った。かなり深い谷になっている。左右を見渡しても、代わりになりそうな道はない。
 サリュートアは絶望に震えた。どうしたら良いのか分からなかった。
「妹を連れ去った奴のことを覚えてるか?」
 男に声をかけられ、サリュートアは顔を上げる。今気がついたが、男は革の鎧を身に着けていた。
 サリュートアは目を閉じ、記憶をたどる。
「……リアっていう女です。年齢は恐らく二十歳前後。赤い長い髪を後ろでひとつに束ねていて、左目の下には小さなほくろがある。右利きだと思う。それから多分……右足を怪我したことがある」
「ほう、大した観察力だな」
 男は感心したように声を上げる。そして、さらに尋ねてきた。
「他には?」
「護衛が二人。名前は分からない。どちらも女。一人は多分三十歳くらい。短い黒髪で、化粧で隠してたけど、頬に刀傷があった。もう一人はもう少し年下だと思う。茶色い肩くらいまでの髪。多分左利き。話す時に、まばたきを多くする癖がある。黒髪の女の馬が鹿毛、茶髪の馬は栗毛。もう一台の馬車の方は確認できなかったから分からない」
「他に、覚えていることはあるか?」
「そんなこと言われたって」
 男の度重なる言葉に、サリュートアは声を大きくする。
 だが、すぐにまた考え込んだ。他に、何があるだろう。
 眼鏡の奥にあって見えない瞳――。
「そうだ。乗客にナオって女がいた。偽名かもしれないけど」
「ナオ?」
 サリュートアの言葉に、男は片方の眉を小さく上げる。
 その反応に違和感を感じ、サリュートアは聞き返す。
「知ってるの?」
 しかし、男はゆっくりと首を振り、またサリュートアを見た。
「いや。――お前、これからどうするつもりだ?」
 サリュートアは真っ直ぐに男の目を見返すと、口を開く。
「あなたにお前呼ばわりされる筋合いはない」
 すると男はニヤリと笑う。
「鼻っ柱が強いな。――じゃあ、名は?」
「……ギル」
 少し迷ってから、サリュートアはそう答えた。男は片眉を上げてから、彼に問う。
「ギル。妹を助けたいか」
「はい」
 そんなことは当たり前だ。
 そう思いながらも、サリュートアはしっかりと頷く。
「ならば、俺と一緒に来い」
 男はそう言うと、右手を差し出した。

 目次