秘密

 それから数日もすると、サリュートアは一人でベッドから起き上がり、動けるようになった。
 今までよくはわからなかった窓の外も、じっくりと見ることが出来る。緑が豊かだとは思っていたが、そこから見える景色はどこまでも緑色で、この家が森の中にあるのだということが伝わってきた。
 近くに流れているという川は、この場所からは見えない。
「もう、一人で起きられるようになったのか」
 背後から声がかかり、サリュートアはゆっくりと振り向いた。
 窓から差し込む光に照らされた少女の瞳は、驚きの色を宿している。
「おかげさまで」
 声を出すのにも、もう苦労はない。
 幼い頃、アストリアーデと『鎮守の森』で遊んでいて足を痛めた時、その回復の速さに医者が目を丸くしていたのを覚えている。
 人と同じようなことをしていても怪我をしにくいし、それも生まれ持った体質なのだろう。
「じゃあ、もう問題ないね。食事、ここに置いておくから」
 そう言って湯気の立つトレイをベッドサイドのテーブルに置き、すぐに部屋を去ろうとする少女。
 その後姿を見て、サリュートアの体の中から声が自然に湧き出てきた。
「あの……君は、食事は? もう食べた?」
 彼女は足を止め、静かに振り返ると、無愛想に答える。
「いや、今からだけど」
「良かったら、一緒に食べること……出来ないかな?」
 お互い探られたくない腹があるようだし、向こうはこちらを良く思ってはいないようだから、別々に食べたほうが都合が良いはずだ。
 言ってからそう思ったが、もう遅い。
「……別に構わないけど。こっちへどうぞ」
 しかし、少女は意外なことに、それを受け入れた。
 サリュートアは、さっさと部屋を出て行ってしまった少女の後を、慌てて追う。

 隣の部屋は、今まで居た部屋よりも広く、大きめのテーブルが置かれ、キッチンもあった。その反対側の壁は、大きな本棚で埋まっている。
 窓も大きい。朝の清々しい光がそこから差し込んで、室内を明るく照らしていた。
 少女はトレイをテーブルの上に置き、キッチンの方から自らの食事も運んでくると、それも並べる。
「どうぞ」
 頷き、サリュートアは椅子に腰掛けた。
 ぼんやりと周囲を眺めているうちに、少女は先に食事を始めてしまっている。サリュートアも慌ててスプーンを手に取った。
「い、いただきます」
 かちゃかちゃと、食器のぶつかる音だけが、静かな室内に響く。外で鳴いている鳥の声も良く聞こえた。
 一緒に食卓にはついたものの、とても気まずい。
 こうなるのは予想できたはずなのに、何故一緒に食べようなどと言ってしまったのだろうか。

 『ここから出てって欲しい』

 あの時の少女の言葉が蘇る。
 彼女の真意を知りたかったけれど、確かめる勇気はなかった。
 何日も顔を合わせているのに、お互いに名乗ることすらしていない。
「……あの、美味しいね、これ」
 この空気に耐えられなくなり、サリュートアは口を開く。
「そう」
 だが、彼女の答えはにべもない。
 そうして、また前のような空気にあっさりと戻ってしまう。
 ――いや、先ほどよりもさらに重くなったような気もする。
「あの、お父さんは、仕事……かな」
 父親の話も自らしていたし、そのくらいは聞いても良いかと思った。
「いや、死んだよ。今はわたしだけでここに暮らしてる」
 少女があまりにさらりと言うので、飲み込むまでに時間がかかった。
「あっ……ご、ごめん」
「別に。君が謝ることじゃないだろう」
 彼女はまたそう言うと、スープに口をつけた。
 サリュートアもスープに目を落とし、スプーンでかき混ぜる。
 彼が知っている女の子というのは、向こうから話題を振ってくるものだったから、適当に相槌を打っていれば、それで一応会話の形にはなっていた。
 だが、目の前の少女の場合はそうは行かない。こちらが黙っていれば、ずっと気まずい雰囲気が流れ続けるのだろう。
 話題を探すというのは、つくづく面倒だと思い知る。
「あの」
 また声を上げたサリュートアに、少女の目が向けられた。
 どきり、と胸が鳴る。
「片付かないから、さっさと食べてくれるかな」
 彼は、今度こそ黙り込むしかなかった。

 ◇ ◇ ◇

「今日はいいお天気ね」
 ウィリスはそう言って中庭の空を見上げた。四角く切り取られた空は、青々とした姿を見せている。
 アストリアーデの足はすっかり良くなり、もう杖をついたりはしていない。でも、彼女がこの家から逃げ出すことはなかった。
「何してるの?」
 早速というように何事かを始めたウィリスの背後から、アストリアーデは覗き込む。どうやら、花に添え木をしているようだった。
「イニアのお花は倒れやすいから、こうやって木を添えてあげるといいのよ」
 ウィリスは慣れた手つきで作業をする。
「へぇ」
 薄紅色の花は大きく、確かに支えてあげないと倒れてしまいそうだ。
 ウィリスは花の名前や種類、育て方、どの花がいつごろ、どういう風に咲くのかなど、花のことならばアストリアーデよりもずっと良く知っていた。
「こういうこと、マーサに教えてもらってるの?」
 そう尋ねると、ウィリスはきょとんとした顔をする。
「マーサはお庭があまり好きじゃないから、ここには来ないわ」
「じゃあ……お父さんに習ったとか?」
 今は仕事で忙しくとも、教えてもらった時もあるのかもしれない。だが、それにも彼女は首を振る。
 もしかしたら、小さい頃に母親に教えてもらったのだろうか。
 そういえば、向こうに見える庭は母親の庭だと言っていた。それならばきっと、ウィリスのように花が好きだったのだろう。
 そうして小さな門のある方を見た時、何かがアストリアーデの心に引っかかった。
 だがもう一度見ても、何の変哲もない庭に見える。
 何故だろう。
「アストリアーデちゃん、雑草を抜くの手伝ってくれない?」
 もう少し近くで見たら何かわかるだろうかと思った時、ウィリスがそう声をかけて来た。
「あー……うん」
 きっと大したことではないのだろう。色々なことが一気にありすぎて、疲れているからかもしれない。
 そう結論付け、アストリアーデはうんうんと唸りながら雑草を引っ張っているウィリスを手伝うことにした。
 そうして思いがけず園芸体験をすることになり、意外と面白いかもしれないと感じるようになってきた頃、ウィリスが急に立ち上がり、屋敷の方を見た。
「わたし、そろそろ戻らなくちゃ」
「昼寝だっけ?」
「うん」
 彼女は目を眠そうにこすりながら頷く。
 毎日昼寝の時間があると聞いた時、本当に子供のようだと思ったが、それは口には出していない。
「じゃあ、行ってきなよ。後、片付けとくから」
「……せっかく楽しかったのに」
 そう言って口を尖らせるウィリスを見て、アストリアーデは思わず吹き出してしまった。
「それなら、我慢してもう少しやる?」
 聞いてみたものの、相当眠そうだ。
「ほら、早く行ってきなよ!」
 手をひらひらとさせ、アストリアーデはウィリスを追い立てる。彼女は渋々ながらも、屋敷の中へと戻っていった。
 その姿を見送った後、アストリアーデは空を見上げる。
 ふと、サリュートアのことを思った。
 そして地面に転がった道具をさっとかき集めると、自分も中へと入る。

 ◇ ◇ ◇

 サリュートアは、ベッドの上でぼんやりと天井を眺めていた。
 結局あの後、少女と言葉を交わすことはほとんどなかった。彼女の態度に不可解なものは感じるが、それも仕方ないと思っていた。
 彼女は見ず知らずの自分の命を救ってくれた。それに、こちらだって何も話していないのだ。礼儀を欠くと責められても文句は言えないのに、彼女はそういうことはしない。
 溜息をつき、体を起こす。
 その時、何気なく視線を向けた家具の下に何かが落ちているように見え、サリュートアはベッドから降りると、そちらに近づいた。
 家具と床の隙間から、鎖のようなものが出ている。引っ張ってみると、その先には小さな石が通してあった。鎖は輪になった状態だったから、ポケットにでも入れていたのを落としたのかもしれない。
 きっと、大事なものなのだろうと思った。
 サリュートアは少女に届けようと部屋を出ると、リビングルームへと向かう。だが、彼女の姿はない。
 どこへ行ったのだろう。
 特に他の部屋からの物音も聞こえないから、どこかに出かけたのかもしれない。
 そう思っていると、目の端が動くものを捉え、サリュートアはそちらに顔を向ける。
 窓の外に、少女の姿があった。何か急いでいるようにも見える。
 ペンダントは直接渡さずとも、テーブルの上に置いておいても良いだろう。けれども少女の様子が気になって、サリュートアは思わず家を出て、彼女の後を追っていた。

 少女は早足で、森の中を歩いていく。慣れた道なのだろう。そこに迷いはなかった。
 サリュートアはこっそりと後をつけていることに罪悪感を感じながらも、彼女と距離を取って進む。
 ――しかし、歩きづらい地面や木の枝などに気をとられているうちに、いつの間にか少女の姿を見失っていた。
 周囲を見回し、目を凝らしてみるが、どこにも彼女の姿は見えない。
 やっぱりやめよう。
 こんなことは悪趣味だし、動けるようになったと言っても、まだ体も万全ではない。ここで迷ったら厄介だ。
 そう思って引き返そうとした時、物音がした。
 慌ててサリュートアは木陰に身を隠す。
 ざわざわと音は大きくなり、どこからか再び現れたのは、少女だった。
 彼女は落ち着かない様子で辺りを見た後、急ぎ足でこちらへと引き返してくる。
 サリュートアは呼吸を止め、じっと身を硬くした。鼓動が全身を叩く。だが息を荒げながら通る少女の瞳が、こちらを向くことはなかった。
 
 少女が去った後、彼女がいた場所へと向かってみる。しかし、そこにあるのは木の根がはびこる地面のみ。
(――いや)
 良く見ると、周囲とは微妙に異なった部分がある。一部の木の根の色や質感が違う。手で力を加えてみると、動きそうだった。
 両手でしっかりと持ち直し、強く引っ張る。
 すると地面が盛り上がって動き、その下に細い階段が現れた。サリュートアは周囲を確認すると、慎重に階段をおりる。
 その先には扉があった。鍵がかかっているが、それほど複雑ではないものだ。このタイプなら、遊びで開けたことがある。
 そんなことしちゃいけない。不法侵入じゃないか。
 止める声が、頭の中でする。
 でも、先ほどの少女の表情――あれは、何かに怯えた目だった。
 暫くの間気持ちがせめぎあい、そして、知りたいという欲求が競り勝つ。
 サリュートアは腰につけたポーチから針金を取り出し、鍵穴へと差し込んでみた。少し動かしていると、かちりという音と共に鍵が開く。
 彼は緊張の面持ちで扉をそろそろと開け、中へと足を踏み入れた。

 部屋の中は薄暗い。
 大きな箱や、家具などが置いてあるのが見えた。倉庫なのだろうか。誰かがいる気配もない。
 ほっとしたのと同時に、不安も首をもたげてきた。勝手に勘違いをして、やっぱりただの侵入者になってしまったのかもしれない。
 重い気持ちで少しずつ足を進めると、今まで箱の陰になっていた部屋の奥の一部が、薄っすらと光っているのが見えた。その場所が近づいてくるにつれ、何かに布のようなものがかけられていて、その隙間から光が漏れ出しているのだということがわかってくる。
 サリュートアはその怪しげな物体の前に立ち、唾を飲み込んだ。
 ここまで来たら、もう同じことだ。
 思い切って、厚手の布を持ち上げてみる。
 すると急激に部屋の中は明るくなり、サリュートアは眩しさに目を細めた。ガラスの板のようなものが光を放ち、何かを映し出している。
「何だ……これ」
 思わず、小さく声を漏らす。ガラス板の上を、数多の赤い点が忙しく移動していた。
 恐る恐る顔を近づけ、目を凝らしてみるが、全体が靄がかっていて良く見えない。
 ガラス板が曇っているのかと思い、指で触れてみた時だった。
「!?」
 それが突然動き出したように感じて、サリュートアは慌てて指先を引っ込める。しかし、そこに見えたのは、今度は見覚えのある光景だった。
「アレスタン城……!?」
 尖塔の上にはためく国旗。幾重にも重なる石の壁。その上を、赤い点が行き来している。どうやらその点は、人間を表しているようだ。
 もう一度、指先でガラス板に触れてみる。風景は歪みながら動き、先ほどよりも映っているものが大きく、はっきりと見えるようになった。
 城壁の内部を歩き回っている兵士たちの表情も確認できる。
「これって……」
 『遺産』だ。そしてこのガラス板には、空から見た地上の様子が映っている。
 適当に触れていると、細かいやり方は良く解らないものの、風景が近くなったり遠くなったり、見える場所が移動するということは理解できた。
 触れた指を滑らせる。町、草原、森――景色が目まぐるしく動いた。
 サリュートアは、再び唾を飲み込む。
 アレスタン城の上に当てた指を、上へと滑らせる。もしこれが地図のようになっているならば、映し出される景色は北へと向かうはずだ。
 そしてその考えは正しかった。
 ラウストスの上を通り、メザを通過する。見たい所は沢山あったが、それは後回しにしなければならない。
(――あった)
 オーファたちと向かった、あの屋敷。
 空から見たことはないが、記憶している地図や、作戦で知った情報、川の位置から見ても、間違いはないはずだ。
 そして、そこで指が迷う。
 アストリアーデの向かった場所を、サリュートアは知らない。そして、この道具で見える場所に妹が居るとは限らない。
(頼む!)
 それでも、祈る気持ちで指を動かした。
 ――北へ。
 根拠はない。ただそれは自分たちが目指した方角だからというだけだ。
 出来るだけ景色を速く動かし、目の前に映し出されるものに集中して見ていく。感覚を研ぎ澄ませ、こちらだと感じる方に指を動かしてみる。
「アストリアーデ!?」
 一瞬だった。
 指を急いで戻すが、先ほどの場所が上手く映らない。落ち着けと自分に言い聞かせ、指の動きをさらにゆっくりにして探す。
 再びその場所を見つけた時には、もう誰の姿もなかった。
 何度も何度も指でガラス板を叩く。屋敷が目まぐるしく大きくなったり小さくなったりしたが、中庭らしき場所が映るだけだ。
 自分でもまさかとは思ったが、確かにあれは妹の姿だった。
「どこだ……どこなんだここは!?」
 板に乗せた指先を動かしていく。もどかしく何度も指を叩いた。移り変わる光景を、頭の中に残っている地図と、必死で照らし合わせる。
 南にある森、山の連なり、流れる川。
 地図に書かれていた文字。――イシュケナ。
「何をしてる!」
 鋭い声に驚き、振り返る。
 そこには険しい表情の少女が立っていた。
 目の前のことで頭が一杯になっていて、全く背後を気にしていなかった。
「あの……僕は別に」
 開いた口が、そこで動きを止める。
 少女が手にしているのは、銃だった。銃口は、こちらへと向けられている。
 サリュートアはようやく理解した。
 これが、彼女の守りたかったものなのだと。

 ◇ ◇ ◇

 その日用意されていた夕食は、一人分だけだった。
 アストリアーデが訝しげな表情をしていると、ウィリスは手でテーブルを示して言う。
「アストリアーデちゃんの分よ」
「あんたは食べないの?」
 その問いに、ふふ、と笑いを零し、彼女は胸の前で指を組んだ。
「今日ね、お父さまが帰ってくるかもしれないの」
「……そうなんだ」
 つまり、後ほど親子二人で食事をするということなのだろう。
「わたしがお父さまと一緒にお食事するために待ってたって知ったら、ずいぶん賢くなったねって、きっとお父さま驚くわ」
 それはアストリアーデが教えたことだ。嬉しそうに語るウィリスを見ていて、何だかくすぐったいような、不思議な気分になる。
「だからアストリアーデちゃんは、どうぞ食べてね」
 そう言っていつもよりも大人っぽく振舞う彼女の姿が可笑しくて、アストリアーデはつい笑ってしまった。ウィリスもつられるようにして笑う。
 親子のせっかくの時間に割って入っても仕方がない。
「そうさせてもらうね」
 椅子に座り、テーブルに並べられた料理を眺める。パンも、おかずも、スープも、どれも温かく、食欲をそそった。
 いつもマーサは時間をずらして食事をするので、一緒に食べないかと誘った所、やんわりと断られたことがある。それは、彼女がこの家に仕えている立場だからという理由もあるようだが、いつも出来立ての状態で料理を食べて欲しいという思いも強いからのようだった。
「いただきます」
 そう言ってアストリアーデはまず、肉ときのこをパイで包んだものを一切れ、口に入れる。
 さくっとしたパイのほのかな甘みと、肉ときのこのしっとりとした旨みが絡まり、絶妙な味わいが広がっていく。
「すごく美味しい!」
 そう言ったアストリアーデに、マーサは親指を立ててみせた。
 彼女の料理はいつも味が良いが、今日は特別出来が良い気がした。
 きっと楽しい夕食の時間になることだろう。

 ◇ ◇ ◇

「気分はどうだ?」
 そう言ったオーファを、切れ長の目が見つめる。薬品の独特のにおいが、室内に漂っていた。
「まあまあかな。あたしって、強運の持ち主なのよね」
「では、その運も尽きたという事だろう」
「いや」
 否定の言葉を放った女を、彼は見る。
「運はまだまだあたしの味方さ。命あっての物種、だろ?」
 女――リアは、そう言って豪快に笑った。
「そうか」
 だが、オーファは表情を変えずに、淡々と言う。
「用件は解っているな。知っている事を話して貰おうか」
 リアは唇を歪めると、おどけたような口調で返した。
「それって、あたしと取り引きしたいってことかしら?」
「ふざけんなてめぇ、さっさと吐けっつってんだろ!」
 それまで黙って控えていたバートが、リアに猛然と近づいて胸倉を掴み、締め上げる。
 彼女は苦しげに体を捩り、手を伸ばして抵抗した。
「バート」
 オーファはそれを制止し、部下にも淡々と告げる。
「邪魔をするなら出て行け」
 バートの動きは止まり、彼は悔しそうに体を小さく震わせた。
「……すいません」
 そして脱力したように手を離すと、後へと下がる。リアは大げさに咳き込みながら、バートを睨みつけた。
「……ったく、怪我人になんてことすんのさ」
 こうなることは予想していた。だが、自分もついて行きたいと必死で訴える彼の気持ちを考えると、無下にすることは出来なかったのだ。
「取り引きだと思って貰っても構わない」
「オーファさん!」
「黙ってろバート。同じ事を言わせるな」
「だって……」
 バートは俯き、拳を強く握って震わせる。ぎりぎりと歯を噛み締める音さえ聞こえてきそうだった。
 一方のリアは、にやにやと笑いながらオーファを見る。
「流石、話がわかるね。ベテランさんは」
「だが、それ相応の覚悟はしてもらう」
 その目に、オーファは静かに、けれども鋭く視線を突き刺した。
「情報に間違いの一つでもあってみろ。――その時は、今度こそ貴様の悪運が尽きたと思え」

 ◇ ◇ ◇

 ウィリスは、上手くやれただろうか。
 アストリアーデはダイニングルームの前で立ち止まり、そんなことを考えた。
 彼女はきっと父親に褒められると張り切っていたけれど、アストリアーデの中には不安な気持ちが蠢いている。
 娘に何も教えないような人物が、果たして娘が新しいことを覚えることを喜ぶのだろうか。
 そんなことを考え、悩んでいる自分が可笑しかった。
 何を遠慮しているのだろう。
 騙され、ここに連れて来られたのだから、その首謀者かもしれない人物に理由を問いただす権利くらいあるはずだ。
 そして、サリュートアを探して、家に帰らなければならない。
 ドア越しには、何も声は聞こえてこない。別の部屋に移動したのだろうか。
 少し迷ったが、アストリアーデはドアを静かに開け、隙間から中を覗いてみることにした。
 薄暗い部屋の中、テーブルに伏しているウィリスの姿が見え、心臓が大きく脈打つ。
 よく見ると、彼女は寝息を立てていた。背中には上着が掛けられている。
 マーサは、寝ているウィリスを静かに見守っていた。
 彼女の父親は、まだ来ていないようだ。それとも、もう今日は来ないのだろうか。
 声をかけようかとも思ったが、何と言って良いのかもわからない。
 アストリアーデは再び静かにドアを閉めると、黙って自分の部屋へと戻った。

 目次