告白

 サリュートアは震える銃口をぼんやりと眺めた。
 せっかく、アストリアーデを見つけたのに。
 ここを突破しなくては、しなくてはという思いはわき上がるのに、体は全く動いてくれない。
 それは、少女に銃を向けられているショックとか、それによる恐怖とか、何故こんなことをしてしまったのだろうという罪悪感とか、もっと上手くやれたはずなのにという悔しさとか、色々な感情がない混ぜになっているようにも思えたけれど、何よりも大きかったのは――諦めだった。
 自分は見てはいけないものを見てしまって、でも彼女は、自分を助けてくれて。
 だから、仕方がないと思った。
 もういいんだ、と。

 ――違う。諦めたらだめだ。

 また別の声が、それを押しのけるように主張する。

 ――アストリアーデをせっかく見つけたのに。

 でも、本当にアストリアーデだったかはわからないじゃないか。思い込みで、そう見えただけかもしれない。それに、人殺しをした兄貴が助けに行ったって、嬉しくなんかないよ。

 ――そんなの、ただ自分が逃げたいってだけじゃないか。

 ごちゃごちゃとせめぎ合う思考と感情が痛くて、辛くて、大きな波のようにそれを飲み込みながら押し寄せてくる諦めの中に、全てを委ねたくなってしまう。
 もう、これでいいんだ。
 体の力を抜き、目を閉じると、全てが闇に消えた。
(……ごめん)
 妹の姿が、暗い幕の上に朧げに浮かぶ。
(ごめん、アストリアーデ)
 けれども、いつまで経っても銃声は響かず、痛みも訪れない。
 大きな音に目をゆっくり開けると、落ちた銃が、床の上で跳ねていた。
「出来ない……出来ないよ。わたしには、出来ない……」
 少女は――泣いている。俯き、肩を震わせながら。
「助けて……父さん……」
 そして堪えきれなくなったように蹲り、子供のように泣く彼女を、呆然と眺めて。
 気がつけば――近づき、抱きしめていた。

 ◇ ◇ ◇

「元気出しなって」
 アストリアーデが声をかけても、ウィリスは顔を地面に向けたまま、スコップで土を掘り返すことを続けている。地面には不揃いな穴が幾つも開いていた。
 中庭の四角い空は、彼女の心など気にも留めないかのように青く澄んでいる。
「お父さま、わたしのこと、嫌いになっちゃったのかも……」
 ぽつり、と零した呟きが耳に触れ、アストリアーデは大きく首を振る。
「違うよ。あんたのことが大事だから、あんたのお父さんは仕事頑張ってるんだよ」
「……そうなのかな」
「そうだよ。だってそうしなきゃ、あんたはここで庭いじりも出来ないし、マーサの料理だって食べられないんだから」
 ウィリスの父親を庇いたかった訳ではない。ただ、彼女をこれ以上悲しませることはしたくなかった。
「お父さまに嫌われてないなら、よかった……」
 少しだけほっとしたように、ウィリスの手が止まる。彼女の表情は日除けの帽子に隠れ、こちらからは見えなかった。
 彼女は約束を破られたと怒ることもせず、ただ父親に嫌われることを心配している。
 本当に、その父親というのは何を考えているのだろう。
 腹立たしい思いと同時に、もしかしたらウィリスの父親は、やはり実在しないのではないだろうかという疑問が、再び顔を出してくる。
 けれども、落ち込んでいるウィリスに、色々と探るようなことは聞きづらかった。
 アストリアーデは、友達が出来たと喜んでいた彼女の笑顔を思い出す。
 自分がいつかここからいなくなったら、また、こうやって彼女は落ち込んでしまうのだろうか。
 溜息をつき、宙に向いていた視線を戻すと、ウィリスの頭は頼りなくゆらゆらと揺れていた。
「また、眠いの?」
「うん……お昼寝、しなきゃ……」
 頷いたつもりだったのだろう、頭が大きく動き、前にあった花に突っ込みそうになる。
「ちょっと、大丈夫!?」
 アストリアーデは、そのまま地面に突っ伏して寝てしまいそうな彼女を慌てて後から掴み、抱えるようにして家の中へと連れて行く。
 目蓋はほとんど閉じているような状態で、足元も覚束ない。ふらふらとしている彼女に肩を貸してやり、アストリアーデはマーサの元へと向かう。
 寄りかかってくるウィリスの体は見た目よりもずっと重く、人を支えながら歩く廊下は、随分と長く感じられた。
 やがて、部屋の中を探すまでもなく、廊下の窓を掃除しているマーサに出会う。
 彼女はこちらを見て一瞬驚いたような表情をしたが、大丈夫だというように頷くと、掃除用具を脇に置き、ウィリスを引き受ける。
 そして、彼女を背中に負うと、どこかへと連れて行った。
 アストリアーデは遠ざかる二人の背中を見送る。

 ――何故だか、胸騒ぎがした。

 ◇ ◇ ◇

「あたしは雇われただけ。大した事は知らないよ」
 リアはそう言って唇を尖らす。急に弱気になる辺り、本当に大した情報はないのに、吹っかけたという所だろう。
「大した事かどうかは俺達が決める。――まず、お前を雇ったのは誰だ?」
「ほんとに知らないんだってば! 報酬さえ貰えれば雇い主の名前なんて一々聞かないさ。真っ当な仕事でもなし。とにかくあたしは若い女をなるべく多く連れてけばいいって言われただけ」
 そうしてリアは、急にやる気を失ったかのようにベッドへと寝転がる。
 それから細かな手口などをぽつぽつと話すが、どれも予想がつく範囲で、人質の救出に繋がるような情報は得られない。あの屋敷のことも、特に知らないようだった。
「ああ、そういえばナオってあんた達の仲間なんだろ?」
 唐突に出てきた名前に、オーファとバートは視線を交わす。だが、もう知れていることなのだから、今さら隠したところで仕方がない。
「そうだが」
 リアはふんと鼻を鳴らしてから、面白くなさそうに言う。
「屋敷の連中が、あいつが客と……を連れてったとか何とかって話してるのは聞いたね」
「それだけか?」
「ちょっと小耳に挟んだくらいで、ほとんど聞こえやしなかったよ。……もうこれで話せることは終わり! さ、怪我人は寝るから帰った帰った!」
 そうしてリアはシーツを被り、こちらに背中を向けた。

「……やっぱ人質は、ナオさんが脱出させたんすかね」
「どうだろうな」
 バートの言葉に、オーファは曖昧に返事をした。
 あの屋敷の情報からは、まだ特に怪しい点は見つかっていない。屋敷自体は古く、空き家となっていた所を今の主が買い取ったようだが、それはよくあることだ。他の家とも離れているため、交流というものも、そもそも生まれにくくはある。手続きにも今のところ不審な点は見られないが、詳細に調べて行くには、まだまだ時間がかかるだろう。
 突入の際に揉めた件もあり、あの屋敷を再び捜査する事はまだ出来ていない。強引に押し切るにしても、証拠が少なすぎる。それに無理矢理入ったところで、何も見つかりはしないとオーファは踏んでいる。
 あの事件以来、ナオからの連絡は一切ない。何らかの事件に巻き込まれて身動きが取れなくなったとか、死んだという可能性だってあるだろう。
 だがオーファは、ナオの行動に不審な点を感じていた。バートもはっきりと口には出さないが、同じように感じているのではないだろうか。
 先日の『リーダー』の記録も見返し、記憶に残っている屋敷の内部と照らし合わせてみると、妙に引っかかることがあった。
 『リポーター』の作動には、ある程度の日の光が必要だ。そのため、出来るだけ窓のそばに置くことが望ましい。しかし、今回『リーダー』に送られてきた信号は、少し窓から離れているように、オーファには思えた。
 もしそれが正しいのであれば、何か隠すものがあった方が都合が良い。『リポーター』がそれほど目立たないとは言っても、あまりはっきり見えるところに置いておくのは不自然であるし、見つかれば取り除かれる可能性もある。
 あの部屋の窓から少し離れた場所には台があり――そして、花の入った花瓶があったはずだ。
 仮に『リポーター』を花瓶の底に隠したのならば、誰かがそれを移動させるまで日の光は当たらなくなる。ああいった屋敷であれば、こまめに花も変えるだろうし、掃除もするだろう。
 少なくとも日が昇ってから、誰かがその花瓶を動かすまでの間、信号は発せられることがないということだ。
 それが、何を意味するのか。
 ナオがオーファたちに、いち早く自分の居場所を知らせたいのであれば、そんなことをする意味がない。むしろそうする意味があるのは、オーファたちに自分の行動を知られたくない場合だ。
 あの位置にしか隠すことが出来なかったとは、あまり思えなかった。花瓶の下ではなく、後ろであってもだ。オーファがその立場だったならば、確実に違う場所に仕掛けただろう。
 そして、ナオが生活の拠点としていた家は、まだ残ってはいたものの、中は綺麗に片付けられていた。
「だが、あの会話だけでも、解ったことがある」
「マジっすか? ……あ、ホントっすか?」
「それ、そんなに違うか?」
 わざわざ言い直したバートに一言意見を述べてから、オーファは話の続きをする。
「あいつは、きゃくとと言ったな?」
「ああ、『客と』って事は、他にも……身内がいるってことなんでしょうか?」
 そう、普通ならばそういう風に受け取るだろう。リアもそうだった。
「いや、言い方が違う。あいつは『きゃくと』と言ったんだ」
 オーファはもう一度同じ言葉をゆっくりと、語尾を下げて言う。
「『客人』の事だな。ここらでそういう言い回しを使うのは、エンデルファの連中だけだ」
「へー、それは知りませんでした!」
 バートは感心したように相槌を打つ。
「そして、ナオもエンデルファの出身だ」
「えっ? マジで!?」
「マジだ」
 ナオは仲間たちにも自分のことを滅多に語ろうとしなかった。オーファがそれを知っていたのは、彼自身がナオを採用したからだ。
「バート、もしお前があの屋敷を拠点にしてエンデルファへ人質を連れて行くとしたら、どうやって、どこへ向かう?」
 オーファは懐から地図を出して広げる。バートはそれをじっと見て、少し考えた。
「見つからないように向かうなら……この森を通った方がいいっすよね。んで、ここは通れないし、出来るだけ街は避けて……っと」
 やがて、彼は顔を上げる。
「一箇所しかないっすね」
 オーファは頷いた。
「ああ。イシュケナへ向かうぞ」

 ◇ ◇ ◇

「これを見つけたのは、わたしだった」
 少女は、ぽつりと話し始めた。
 二人は倉庫の床に並んで座っている。前にある板には、どこかの山が映っていた。
「森の中で遊んでて、見たことがない光るものを見つけて、すごく嬉しかったの。でも、父さんをそこへ連れて行って、埋まっていたのを一緒に掘り出して……段々、これが何をする道具なのかわかって来た時、すごいすごいって喜んでるわたしとは違って、父さんの顔は蒼ざめていったのを覚えてる」
 彼女は、大きく息をつく。
「これがもし誰かの手に渡ったら、どうなると思う?」
 そして前を向いたまま、問いを投げた。
 言いたいことは、サリュートアにもわかる。悪用したいと考える者ほど、これを欲しがるだろう。
「だから、最初は壊そうと思った。でも、どうやっても壊れなかった。わたしたちが出来る手段じゃ、傷一つつかない。だから、誰の目にも触れないように隠すことにしたんだ」
 少女は自らの膝を抱え、体をぎゅっと縮こめると、固く目を閉じた。
「父さんはこれを見つけてから、ずっと怯えてた。これが誰かに悪用されたら、きっと酷い事になるって……医者の仕事もやめて、家に篭りきりになった」
 また、少女の目に涙が溢れ出し、それは頬を伝う筋になる。
「わたしのせいなんだ。わたしがこんなもの見つけなかったら、父さんはもっと穏やかに暮らせたのに……!」
 膝に顔を埋めて泣く彼女を、サリュートアはただ見つめる。先ほどは思わず抱きしめてしまったけれど、少し冷静になってくると気軽には出来なかった。
「違うよ。君が見つけなくても、ずっとこれはあったんだ。これからも、あり続けた」
 そんな言葉は、何の慰めにもならないかもしれない。
 もっと自分の言葉に力があったらいいのに。今までも『正論』なんて吐いた所で、誰かを傷つけてばかりだった。
「……ごめん。ただ、君のせいじゃないってことが言いたかったんだ」
 目を逸らし、謝るサリュートアの隣で、少女が少しだけ動く気配がした。
「わかってるよ」
 驚いて、隣を見る。少女の横顔が心なしか穏やかになったように思える。
「父さんが死んで、誰にも話せなくて、ずっと恐かった……」
 彼女はずっとこうやって、一人で秘密を抱えて生きてきたのだ。それがどれほどの重圧なのか、想像も出来ない。
 ――父さんなら。
 サリュートアは、ふと思う。
 父なら、これを何とかしてくれるのかもしれない。
「あの……さ」
 もしかしたら彼女の力になれるかもしれないと口を開きかけた時、腕に温かいものが触れ、サリュートアは慌ててそちらを見る。
 そこには泣き疲れて眠る、少女の安らかな顔があった。

 ◇ ◇ ◇

「ねぇ、マーサ」
 ダイニングに戻り、温かいお茶を出してくれたマーサに声をかける。
 彼女はいつもの優しい目で、アストリアーデを見た。
「……あの子はもしかして、何かの病気なの?」
 考えないようにずっとしていたが、それが一番ありえそうなことに思えた。
 その問いにマーサは頷きもせず、首を横に振ることもしない。
 それでもう、十分だった。
「病院には連れて行ってるの?」
 言ってから、それは無理だろうと思い、言葉を変える。
「お医者さんには、来てもらってるの?」
 マーサは、何の反応も示そうとはしない。ただぼんやりと、どこかを見ていた。
「……まさか、何もしてないってこと、ないよね?」
 もしそうなのであれば、それはあまりにも酷いと思った。
 その問いかけにも、マーサは応えない。
「あの子はどうなるの!? 大事なのは、あの子の命でしょ!?」
 必死で訴えるアストリアーデの声に圧されるように、マーサの首は縮こまり、目蓋がゆっくりと落ちていく。彼女は両の手のひらで顔を覆い、何度かこするようにしてから長く息を吐く。
 そして、おもむろにテーブルの上にあったイーヴァ・イーヴァの本を手に取った。
 何かを伝えようとしているのだと思い、アストリアーデも黙って待つ。
 張り詰めた空気が、実際に肌を刺しているかのように痛い。
 やがて、マーサがページを捲る指が止まった。
 そこには、夜空の月を眺める少女の挿絵が描かれている。
 それは、イーヴァ・イーヴァが間違えてかけてしまった魔法により、とある国の姫が月に恋をしてしまうという場面だった。
 マーサは指で一文字一文字確かめながら、そして、ある一節をアストリアーデに指し示す。
 そこには、こう書かれていた。

 『お姫さまの病は、もう治らない』

 ◇ ◇ ◇

 朝の光が優しく目蓋に触れ、サリュートアは目を覚ました。
 静かにベッドを離れ、窓へと近づく。木漏れ日が連なり、時に重なり合いながら、降り注いでいた。
 その時、背後から衣擦れの音がし、彼はゆっくりと振り向く。
「ごめん、起こしちゃったかな」
 少女は、小さく首を振り、はにかむように笑んだ。少し傾げた頬に、黒髪の先がはらりとかかる。
 また彼女の違った表情を見た気がして、サリュートアの鼓動が跳ねた。最初は戸惑ったこの感情が何を表しているのか、今はもうわかっている。
「もう、行くの?」
 少女の問いに、サリュートアは力強く頷いた。
「妹を、助けてくるよ」
 自分が何をしたとしても、アストリアーデのことをこのままにしておく理由にはならない。この手で助けたかったし、もう、逃げるのは嫌だった。
 少女はそれ以上何も聞かない。サリュートアは彼女の目をしっかりと見て、そして言う。
「……俺は、――サリュートア。君の名前、聞いてもいい?」
 彼女は頷き、名を告げる。
「リシュカ」
「リシュカ。……君ともっと色々話しがしてみたい。また、ここに来てもいいかな?」
 もしそれが許されるなら、自分がしたことも、胸の内も、全部話そうと思った。
 彼女がずっと抱えていた秘密を話してくれたように。
 リシュカはもう一度大きく頷き、微笑む。
「待ってるよ」

 サリュートアはそうして、馬を走らせる。リシュカから借りた馬だ。彼女にとっても、大切な足となる馬だろうに、快く貸してくれた。
 森を抜けると、草原に流れる川が見えてくる。空は晴れ、少し乾いた風が肌に触れては耳元で鳴った。
 体の節々はまだ痛むが、そんなのは大したことではない。

 ――目指すはエンデルファにある町、イシュケナ。

 『遺産』を使い、オーファたちを探すことも考えた。でも彼らがどこにいるかを見つけることはとても難しいだろうし、一刻も早く動きたかった。
 それに、オーファならきっと、あの場所を突き止める。どこかで会うことも出来るかもしれない。
 アストリアーデを必ず助け出して、そして絶対に、またここへと帰ってくる。
 サリュートアは決意を新たにし、前へと進む。

 目次