同道

 それから兄妹は、初めてお互いの旅についてじっくりと語り合った。
 アストリアーデはウィリスという少女、マーサという老婦人と過ごした日々を話し、サリュートアはオーファやバート、そしてリシュカという少女との出会いを話す。
 街ものんびりと歩き、観光気分も味わえた。
 久しぶりの、穏やかな日々だった。

「よっ、待たせたな」
 大分見慣れてきた朝の街並に、暫くぶりのツンツン頭が浮かぶ。
 ここには少し滞在しただけなのに、もう客人を迎えるような気分になるから不思議だ。
「そうでもないよ。そのおかげで色々、有意義に過ごせたし」
 そう言ったサリュートアに、バートは笑顔を向ける。
「かーちゃんにも手紙書いたか?」
「うん。……一応ね」
 母に宛てた手紙など、幼い頃に書いたきりだった。
 何を書いて良いのかもわからず、結局『二人とも元気だから心配しないでください』と一言書くだけで出してしまった。
「二人とも、前より元気そうになったな」
 バートの方は、少し疲れているようにも見える。
 やることは沢山あっただろうに、それを大急ぎで片付けて、こちらに来てくれたのだろう。
「あ? 何だそのシケたツラは!? 俺と再会できて嬉しくねぇのかよ」
 そんな申し訳ない気持ちが表情に出ていたのだろうか、彼は急に声を高くすると、サリュートアの頬を右手で鷲づかみにした。
「そいぁ、うれひいけろ……」
 口もとが圧迫され、上手く喋れない彼を見て、バートは可笑しそうに笑う。
「ならいいじゃねーか」
 そこに、もう一つ笑い声が響いた。
 そちらを向くと、片手で口元を覆うようにしながら笑っているアストリアーデの姿。
「……ごめん、そういうサリュートアって見たことないから、何だか新鮮で」
 こんなに自然に笑うアストリアーデを見たのは、随分と久しぶりな気がする。
 サリュートアは嬉しさで思わず涙が出そうになり、慌ててそっぽを向いて誤魔化した。

 ◇

 宿を引き払った後、三人は早速移動を始める。北へと向かう馬車が出ている場所は、宿からは少し離れていた。
 午前の陽射しは明るく大地を照らしてはいるものの、やはり風は少し冷たい。
 サリュートアは後方を歩いているアストリアーデを見た。何か考え事をしているのか、こちらには気づかず、黙って歩いている。
 この中では一番薄着のバートは、寒そうに自らの体をさするようにしながらサリュートアと並んで歩いていたが、突然サリュートアに近づいて来ると、小声で言った。
「お前の妹、可愛いな」
 サリュートアはバートをじろりと見て、反射的に言葉を発する。
「手、出さないでよ」
 彼の言葉の真意を考えるとかそういうことよりも先に、もう顔と口が動いていた。
 バートは思わぬ反応に一瞬驚いたような表情をしたが、やがて腕を組み、わざとらしく呻りを上げる。
「んー……ちっとガキすぎっかなぁー」
「真剣に考えるのもやめて」
 バートも、軽口が叩きやすい雰囲気になったのだろう。
 だが、たとえただの冗談だとしても、彼が妹の隣にいることを想像するだけで、寒さが一気に増したかのようだった。
「バートさん」
「な、何だ?」
 突然アストリアーデが声を上げたので、バートはぎょっとして言葉に詰まる。
「マーサ――あの屋敷にいたおばあさんは、元気?」
 彼はああ、と声を漏らしてから、ほっとしたように笑みをこぼした。
「元気元気、しゃきっとしてたぜ」
「マーサは、喋れないの」
「それも伝わってるから、ダイジョーブ」
 大丈夫、か。
 アストリアーデはその言葉を心の中で繰り返す。毅然としたマーサの姿は、どうやら失われてはいないようだった。
 別れ際、こちらに向かって深々と頭を下げた彼女を思い出す。彼女は、屋敷で何が行われているのかを知っていて、それに加担していた。
 罪はきっと、重いのだろう。
「……もう、会えないのかな」
 沢山優しさをもらったのに、別れの時、ありがとうとも言えなかった。
 俯くアストリアーデを見て、バートは頭を掻く。彼の立場からすれば、簡単に会えるなどとは言えないだろう。
「手紙……書いたらどうだ?」
 彼が口にした言葉に、アストリアーデははっと顔を上げた。
 でも――と言いかけたが、やがて小さくかぶりを振ると、微笑みを返す。
 マーサは今、ある程度の字なら読めるはずだ。イーヴァ・イーヴァの中に出てくる表現ならば間違いない。
 それなら、代読をしてもらわなくとも、自分の言葉をマーサにそのまま伝えられると思った。
 バートは再び黙ってしまったアストリアーデを少し見ていたが、やがて手のひらで自らの腹をぽんぽんと叩くと、再びサリュートアの方に顔を向ける。
「どっかでメシでも食わね? 腹減った」
「もしかして、何も食べてないの?」
 少し昼食には早い時間だ。
 宿で朝食を食べてからそれほど経っていないから、サリュートアはまだ空腹を感じてはいない。
「一応食ったけどさ、どちみちそろそろだろ」
 気を遣われるのが面倒とでも言うかのように、バートは手をひらひらとさせる。
「あっ、あそこに店があるぜ! あそこにしよう」
 そうしてさっさと一人で歩いて行ってしまった。
 サリュートアとアストリアーデは顔を見合わせ、どちらからともなく笑みを浮かべて、その背中を追う。

 そのレストランは他の建物から離れ、木の多い場所にひっそりと建っていた。小ぢんまりとしていて、壁の塗装も剥げ、店というよりは、ぼろ家という印象だ。
「こういう店ってさ、すっげー旨かったりするんだぜ。隠れた名店っつーか」
 バートが本気で思っているのかどうか良くわからないことを口にする。
 隠れた名店であれば客で溢れ返っているとか予約が必要だとかありそうなものだが、そういうことも一切なさそうだ。
 ぎりりと耳障りな音を立てて開いたドアから店内へと足を踏み入れた途端、奥へと引っ込んだまま姿も見せない店主に、好きなところに座って良いと言われた。
 バートが一番入り口に近い席に腰を下ろしたので、二人も続いて座ることにする。円形のテーブルには、油のような汚れがついていて、さらに不安を煽った。
 それぞれの席を囲むように仕切りがあるため、他の客が居るのか居ないのかもよくわからない。その仕切の側面や、店内のいたるところに不気味なデザインの仮面や人形、装飾品などが飾ってあり、まるで異国に迷い込んだような、異様な雰囲気をかもし出していた。
「趣味わりーなぁ」
 それを見て忌憚なく思いをこぼすバートに、サリュートアは慌てて目配せをする。しかし、当人は全くこちらを見ていない。
 自分も以前はそういうことを気軽に口にしていたのだが、他人に目の前でやられると、何だかとても恥ずかしかった。アストリアーデはそんな彼の姿を、また面白そうに眺めている。
「んで、これからどこ行くんだっけ?」
 少し表面がべとついているメニューを一瞥し、適当に何品か注文したバートが、そう二人に尋ねる。
 店主も奇妙な仮面でも被って出てくるのではないかと思ったが、至って普通の髭面だった。
 サリュートアたちはそれほど食欲がなかったこともあったし、少し様子を見たかったので飲み物だけを注文した。
「サマルダってところ。ファンサーレにある町なんだ」
「ふーん……で、そこに何があるんだ?」
 バートが重ねて問う。
 サリュートアとアストリアーデはそこで、顔を見合わせた。
「何があるんだろう。施設か何かかな?」
「あの人は、『ヨセミスフィアへの道を見つけた』って言ってた」
「おいおいおいおいおいおいおいおいおい!」
 バートはそれを黙って聞いてはいられずに、思わず二人の中に割って入る。
「お前らあれだけ大騒ぎしておいて、何があるかすらもわかんねーのかよ!?」
「……元々、とりあえず行ってみようってだけだったから。今は、確実に何かがあるってわかるようになったけど」
 彼が呆れたように溜息をつくのも仕方がないかもしれない。そう思いながらも、サリュートアは今出来る精一杯の説明をした。
 バートは暫く納得の行かない表情で腕組みをしていたが、やがてその手をぱっと解くと、もう一度溜息をつく。
「ま、旅っつーのは、そんなもんか」
 ちょうどその時、向こうに店主の姿が見えたので、彼は一転、明るい表情で二人に言った。
「メシも来たし、とりあえず食おうぜ!」
 店主は平たいきのこの傘のような、奇妙に歪な形の盆を持って近づくと、にこりともしないまま、テーブルの上に皿を置いていく。
「うげっ」
 それを見て、バートの笑顔は凍りついた。今まで見たこともないような料理が並んでいたからだ。
 形状は理解できる。問題なのはその色だった。
 黒とピンクのドレッシングや青いシチュー、斑模様の浮かぶパンなどが、この地域特有の料理という風には到底思えない。
「魔女の料理みたい」
 アストリアーデがぽつりと感想を漏らす。それは絵本の中に出てくる、魔女が作った失敗料理のようだと思った。
 彼女たちの前に運ばれたジュースとお茶は、料理のように聞いたことのない名前はついていなかったから、どこでも出されているようなものと同じだった。そのことに二人は安堵の息を漏らす。
 バートは衝撃から立ち直るやいなや、抗議の視線をきっ、と向けるが、そこに店主の姿はもうない。
 行き場をなくした言葉を噛み砕くように口を何回か動かした後、彼はサリュートアたちへとにこやかな顔を向ける。
「お前ら、食いもん頼んでねーよな? 食っていいぞ。俺のオゴリな」
 その言葉で、二人の安らぎはあっという間に打ち砕かれた。
 普段であればきっぱりと断るところだが、色々と負い目のようなものもあるために断りづらい。小分けにするための皿も丁寧についてきていて、バートはそれに張り切って料理をよそってくれた。
「ほら」
 こういうところに気を配れるなら、せめてテーブルを綺麗にすればいいのに、と心の中で店主に文句を言うサリュートアに、バートが早く食べろとプレッシャーをかけてくる。彼自身の分は後回しらしい。これではまるで毒見役だ。
 アストリアーデの方を見ると、彼女は料理を怯えるような目で見ている。
 サリュートアは意を決し、まず、サラダに手をつけてみることにした。
「いただきます」
 恐る恐る、黒とピンクに染まった葉野菜を口に運ぶ彼を、バートたちが息を呑んで見つめる。
「どうだ?」
 ほぼ噛まずに、急くように飲み込む。
 とりあえず、吐き気がしたり、体に異常があることはなさそうだ。味が良くわからなかったので、もう一口食べてみた。
 今度は暫く口の中で味わってから、ゆっくりと飲み込む。
「……普通」
 そんなに悪い味ではないと思った。でも、特別旨いということもない。
 色の毒々しさで、かなり損をしている気はする。
「何だよ、その面白くねーコメント」
 無理矢理食べさせられた上、何故コメントにまで面白さを求められるのかがわからない。
 不満げに向けた視線の先で、バートもサラダを口にした。
「……普通だな」
「だから言ったじゃないか」
「……うん、普通だね」
 自らもサラダを食べて感想を言ったアストリアーデは、そうして笑顔を浮かべる。
 バートにいいように扱われ、最初は恥ずかしさもあった。でも、妹が元気になってくれるならばこういうのも良いと、サリュートアには思えた。

 ◇

「はぁー、食った食った!」
 バートは満足そうな表情で言う。サリュートアは呆れたように彼を見た。
 文句を言いつつも、結局ほとんどの料理はバートが一人で食べていたが、それほど羨ましさは湧き上がってこない。約束どおり、二人の飲み物の代金も払ってくれた。
 とにかく気持ちを切り替えて、まずは移動のことを考えようと、歩みを進め始めた時だった。
 背後で慌しい音がし、三人は振り返る。
「……あの、突然申し訳ありません」
 そこには色あせた帽子を目深に被った人物が立っていた。顔はよく見えないが、若い女のようだ。
 簡素なデザインのシャツやズボンもあまり綺麗とは言いがたく、帽子から伸びる髪も、あてずっぽうに切ったかのように毛先が不揃いだった。
「先ほど、ヨセミスフィアと仰いましたね」
 女はその言葉を口にしてから、すみません、と謝り、早口で付け加えた。
「盗み聞きをするつもりはなかったのですが、聞こえてしまったものですから」
 彼女も先ほどの店にいたのだろう。席が仕切られていたことで、個室のような錯覚を覚えていたが、ある程度の声の大きさで話していれば、内容まで伝わってしまってもおかしくはない。
「私も、そこへ一緒に連れて行ってください」
 彼女はこちらが反応をするよりも早く、そう言って頭を下げた。
「……ヨセミスフィアのこと、知ってるの?」
 アストリアーデは帽子の擦り切れた頭頂部を見ながら、言葉を搾り出す。女は頭をゆっくりと上げ、それから小さく頷いた。
「何か証拠はあんのか?」
 バートが尋ねると、女は背負っていた円筒形のバッグを降ろし、中を探り始めた。やがて、そこから一冊の本を取り出し、開く。
 そして その中に挟まっていた古ぼけた紙を慎重に広げてから、こちらへと見せた。
 相当古いものなのだろう。雑にすれば破れてしまいそうな紙だった。一見すると手紙のようにも見えたが、何が書いてあるのかさっぱり理解できない。記号のようなものが並び、隅の方に小さな図が描かれている。
「これは今から数百年前に記されたと思われる文書です。今は廃れてしまいましたが、当時アレスタンの一部で、このアイセフバックという文字が使われていました」
 女はそう説明し、紙を落とさないように気をつけながら、その端の方を指差した。
「ここに、『ヨセミスフィア』と書かれています」
 三人とも覗き込むが、やはりどんなに考えても、それがヨセミスフィアという言葉を表したものなのかどうか、判別することは出来ない。
 サリュートアは女の方をちらと見る。
 これで素直に信じろというのも、無理があるだろう。それはアストリアーデたちも同じはずだ。
 だが、彼女のいうアイセフバックという文字の名は、どこかで聞いたことがあるような気がしたし、このような形だったような気もする。興味を持って見聞きしたことではないから、流石に鮮明には覚えていなかった。
 使われている紙は、明らかに古そうだ。新しいものを加工しても、こういう状態にはならないのではないだろうか。
 彼女が嘘をついていたとしても、全部嘘という訳ではないように思うが、何かの罠かもしれない。
 けれどももし、彼女が自分たちの知らない何かを知っているということがあったとしたら。
 サリュートアたちはヨセミスフィアという場所について、何も知らない。アストリアーデの話では、あの男は『道を見つけた』というようなことを口にしていたらしい。
 その『道』を、自分たちだけで見つけられるのだろうか。
 その思いに手を差し伸べるかのように、示された新たな情報。だが、こんなにタイミング良くもたらされるのは怪しいとも言える。
 でも――と、サリュートアは思う。
 今までもそうだった。実際の旅は、物語になったならご都合主義と呼ばれるのではないかと思うくらいに、不思議な糸で繋がり、緻密な模様の布が織り上がって行くかのように進んで行ったのだ。
 そして、今は。
 上げた視線の先の顔が、笑みの形に崩れる。
「いんじゃね? 旅は道連れとか言うしな」
 頼もしい、仲間がいる。
 アストリアーデの方を見ると、彼女はもう覚悟を決めたというような表情をしていた。
 恐らく、サリュートアが賛成するのを待っているのだろう。彼女が知りたいと望み、進んできた道なのだから、糸口が欲しいという思いはサリュートアよりもずっと強いはずだ。
 また同じことの繰り返しになったら――という恐怖がよぎる。今まで起こったことが、また頭の中を駆け抜けていった。
 それでも答えをじっと待つ妹を見ていると、その恐怖が幾分薄らいでいくのがわかる。
 アストリアーデはあの頃のアストリアーデではない。
 再会した時、バートが言ったことを思い出す。その時、自分ではよくわからなかったが、彼にはこういう風に見えていたのかもしれない。
 彼女は、確かに変わった。
 サリュートアはアストリアーデの視線をしっかりと受け止めると、その思いに答えるように、力強く頷いた。

 目次