迷宮

 馬車から降りてまず目に飛び込んできたのは、整然とした街並みだった。同じような佇まいの建物が行儀良く並んでいる。
 観光地のように特段美しいという景観ではなく、所々煤けた壁は年月を感じさせたけれども、歴史を物語るほどの趣はなかった。
 風に乗って緑のにおいが漂ってくるから、近くに公園でもあるのかもしれない。
 首都マイラと比べれば、もちろん人はそれほど多いという訳ではなかったが、想像していたよりはずっと多く、賑わっているという印象を受ける。
 昼前の街路を歩く人々は皆、小奇麗な格好をして、楽しげに談笑したり、買い物を楽しんだりしていた。
「あたし、サマルダってもっと田舎だと思ってた」
 アストリアーデがぽつりと漏らした感想に、サリュートアも頷く。
 少し歩いた道は、足下がぐらつくこともなく真っ直ぐに伸びていた。
 十字路に差し掛かれば、どの道を歩いてきたのかも見失いそうになる。街は格子状に整備されているようだった。
 こうしてサマルダを実際に訪れてみると、色々な人の口から出た、大したことのない普通の町という表現は、あまり相応しくないように思える。
「特徴がねぇっつーか、どの建物も同じに見えて面白くねぇっつーのはあるかもな」
 バートが言うように、町の景色が大して印象に残らないために、ああいう言い方になったということもあるのかもしれない。
「ま、とにかく無事着いたんだ。こっからどーすっかだな」
「まずは情報収集をしませんか?」
 大きく伸びをしたバートに、セシリアがそう言って少し先に見える一軒の店を指差す。
 看板には『美味しいお茶、特製のジュースをどうぞ』と書かれていた。
「少し休みたいですし」
 後から付け加えた言葉が、彼女の本音かもしれない。
 もう開き直ってきたとはいえ、やはりどこかで追っ手を警戒して緊張している部分はあり、狭い馬車の中で体を動かせない状況も続いているので、どうしても疲れは溜まってきてしまう。
 彼女の意見に異を唱えるものはいなかった。

 ◇

 その店には、他に客の姿は見当たらなかった。
 内装もシンプルで、外と同じアイボリーの壁に囲まれた店内には、四角い木のテーブルとイスが均等に並べられている。花や観葉植物が多く置かれ、それが彩りとなっていた。
 皆で入り口に突っ立っていると「どうぞ」という声が奥から聞こえたので、適当な席へと座る。
 しばらくすると、背が高く、若いウェイトレスが水を運んで来た。何かトレーニングでもしているのか体格も良く、身に着けたエプロンが小さく見える。
 グラスをテーブルへと置く彼女に、アストリアーデは早速尋ねてみた。
「えっと、ここに昔、科学者が住んでたって聞いたんだけど……」
 突然のことに、彼女は少し戸惑ったような顔をこちらへと向ける。
「科学者って?」
「旧時代に……活躍してた人たちなんですが」
 サリュートアが補足したが、説明に少し迷ってしまう。
 それを聞いたウェイトレスは、少し首をかしげた。そういう仕草をすると、女の子らしさが垣間見えるかのようだった。
「へぇ、そういう人たちが居たんだ。あたしは知らないけど」
「じゃあ、ヨセミスフィアって聞いたことない?」
 彼女が答え終わるかどうかといううちにアストリアーデが質問を重ねたので、ウェイトレスは助けを求めるようにサリュートアを見る。
「あー、おねーさんのオススメの飲み物かなんかくれる? 四つな」
 見かねたバートが横から口を出した。
 ウェイトレスはほっとしたような表情を浮かべ、それから笑顔を形作って言う。
「オッケー! じゃ、適当に持ってくるわね」
「あっ」
 彼女の後姿へ引っ張られるように手を上げ、宙に彷徨わせるアストリアーデを見て、バートは苦笑いを浮かべた。
「焦んなって。向こうも仕事なんだし、情報をもらうならちゃんと注文しねーと」
 そう言われればそうだと、小さくなるアストリアーデを見て微笑み、サリュートアも安心したように息をつく。
「バートさんって、何ていうか……振り幅が大きいよね。常識ある時とない時の」
「てめーは喧嘩売ってんのか!?」
 馴染みとなった二人のやり取りと、それを見て笑うセシリアに、アストリアーデの気持ちも次第に落ち着いてきた。
 ここに着いてから、早く何か見つけなければと焦っている自分を自覚しながらも、どうしようも出来ずにいたのだ。
 気持ちが落ち着いたら急に喉が渇いた感じがして、水の入ったグラスに手を伸ばす。
 でも、やっぱり飲み物が届くのを待とうかと迷い、ふと見たグラスに視線が捉われた。
「ねぇ」
 思わず彼女が小さく声を上げた時、ウェイトレスがトレイに背の高いグラスを載せてやって来る。
「お待たせしました。当店特製のフルーツジュースです!」
 そうしてグラスをテーブルの上に並べていく。
 バートはそれを見て、少しつまらなそうに言った。
「ふーん……ここ、酒はねーの?」
「うちは健康志向なお店なんで、薬草酒ならあるけど、マズいよ? 持ってきましょうか?」
「いやいや、やっぱいい、特製ジュースで」
 ウェイトレスの少し意地の悪い笑顔を見て嫌な予感がし、彼は手をひらひらと振る。
「個人的に美味しいお酒がある店なら知ってるけど……お兄さんも一緒に行く?」
「あ――」
「結構です」
 続けて言った彼女にバートが何かを答える前に、セシリアが強い言葉を横から挟んだ。
「それより、ヨセミスフィアってご存じないですか?」
「ああ、それそれ、考えてみたけど、やっぱわかんないなぁ。マスターも知らないって」
 彼女は立てた親指でキッチンのほうを示しながら言う。
「そうですか。ありがとうございました」
 セシリアの態度と、驚いたように彼女を見ているバートにウェイトレスは笑いを堪えながら、頭を下げて去っていく。
「おい、何で怒ってんだよ」
「別に怒ってませんけど」
 戸惑うバートに素っ気なく言い、セシリアはジュースを一気に半分ほど飲んだ。
 その飲みっぷりに、一同は目を丸くする。
「……美味しいですね、これ」
「マジで?」
 セシリアの態度が少し和らいだことに安堵し、バートもジュースに口をつける。「うめぇな」という彼の言葉を聞いて、サリュートアもグラスを手に持った。
「ねぇ、このジュース、色が変じゃない?」
 しかし、アストリアーデにはどうしてもそう思えてしまって、口をつける気にはなれない。
 先ほど飲もうとした水も、普通の水とは違うような色に見えて気味が悪かった。
「そうかなぁ……普通のジュースだと思うけど」
 彼はグラスを持ち上げ、横から底の方まで覗き込む。
「グラスの色? 後は光の加減とか、そんなとこじゃないかな」
 言われてアストリアーデも、もう一度良く見てみる。
 すると、幾つかのフルーツを混ぜ合わせれば、こんな色になるのではないかと思えてきた。
 気のせいだったのだろうか。
 そう思っても、すっきりとした気分にはならない。
「ま、何にしても、あのレストランの食いもんに比べたら全然だろ!」
 バートが陽気に言うと、その場が笑いに包まれる。
「体調、悪いの?」
 笑う気にはなれず、ぼんやりとしているアストリアーデを、サリュートアが心配そうな目で見た。
「あ……ちょっとだけ、疲れちゃってるのかも。でも大丈夫!」
 そう言って笑顔を見せると、少し安心してもらえたようだった。
「ここまで、ずいぶんかかったしな」
 バートもジュースを飲みながら、しみじみと言う。
 せっかくの楽しい雰囲気に水を差してしまったかのようで、申し訳なく思った。
 水筒を取り出して水を飲んだ彼女に、セシリアが言う。
「ここ、お水も美味しいですよ」
「うん……」
 グラスの水に再び目を向けても、やはり白っぽいものが混じり、濁ったように見える。
 だが、こちらも自分以外には、そうは見えないのだろう。
 この町に来た時にはそんなことはなかったのだが、やはり、長旅で疲れているせいもあるのかもしれない。

 ◇

 それから店を出て、情報を求め町を歩き回ったが、目ぼしい結果は得られなかった。
 街の人は皆、ヨセミスフィアなどという言葉は聞いたことがないと言い、科学者についても、知らないとか、聞いたことはある気がする、程度のことしか言わない。
 そのうちに、日も段々と傾いてくる。
 せっかくこの地までたどり着いたのに、ただ無為に時が過ぎていくようで、アストリアーデの気持ちは焦った。
 それだけではない。今日のうちに何かを見つけなければいけないという思いが、彼女をさらに急き立てる。
 遅い昼食を食べようと立ち寄った店でも、やはり料理も水も変な色に見えてしまって、一口も食べることが出来ず、後でこっそりと、非常用に持っていた干し肉とパンを齧った。
 おかしいのは自分なのかもしれない。でも、もしこの町に宿泊するということになってしまったら、もっとおかしくなってしまいそうで怖かった。
「ま、そういうこともあるって。元々ここに何かがあるってワケじゃなかったんだろ?」
「うん、とりあえず来てみようって感じだったからね」
 俯くアストリアーデを励ますように言ったバートに、サリュートアも頷く。
「……そろそろ、帰りましょうか」
 セシリアの言葉に、アストリアーデは信じられないような思いで彼女を見る。
「帰るって……まだ来たばっかじゃん。大変な思いでここまで来て、もう帰るの?」
 だが強張った表情を向ける彼女を見て、彼らは困ったように顔を見合わせた。
「だって、これだけ探しても、何も情報は得られないじゃないか。これ以上は意味ないんじゃないかな。……アストリアーデも、この町に来てから何だか体調が悪そうだし」
 サリュートアが、気まずそうに言う。
「あたしは大丈夫! 本当だって!」
 まさか帰るなんて言われるとは思わなかった。ここに泊まることになるよりも悪い。
 だがアストリアーデの必死の訴えは、かえって皆を不安にさせたようだった。
「そうそう。俺も、仕事あっからなぁ」
「……私も、帰ってしなければならないことがありますし」
 セシリアとバートが、申し訳なさそうに言う。
 それはアストリアーデのことを思っての言葉だということが伝わってくるだけに、余計に悲しくなった。
 それに、それぞれやるべきことを脇に置いて、ここまで一緒に来てくれているというのもまた、事実には違いない。
 でも、これ以上自分の体調が問題ないと主張したところで、かえって逆効果だろう。正直、自分が本当に問題ない状態なのかも、自信がない。
 アストリアーデは大きく息をつくと、町をもう一度眺めた。
 綺麗に整備され、ごみ一つ落ちていない町で、人々が楽しそうに歩き、話し、笑っている。
「アストリアーデ?」
 サリュートアの呼ぶ声にも振り返らず、彼女は町を見続ける。
「アストリアーデってば!」
「……うん」
 今度は、曖昧な返事だけを返した。
「どうかした?」
 サリュートアの声に、不安とも苛立ちともつかないものが混じる。
 アストリアーデは、思ったことを素直に口にしてみた。
「あの人……ウィリスの父親が、もしここへ来たんだとしたら、どんな気持ちでこの町の景色を見たのかな」
 胸の奥に何かがつかえて取れないかのように、気持ちがすっきりとしない。
 そのもやもやとしたものの正体はわからないけれど、その感覚はどんどん強く、粘っこくなっていく。
「何かがここにあるっていうことを知って、この町にやってきて、あの人はどう感じたのかな?」
 人々はこちらのことは気にもせずに、アストリアーデたちの横を通り過ぎていく。
「戸惑った? 絶望した? それとも、何も見つからないことに怒った?」
「それは……わからないよ。もしかしたら、この町じゃないのかもしれないし」
「あの人は、本気だったんだよ。絶対にウィリスを生き返らせたいって思って、他の全てを犠牲にしても、そのことだけを目指して、欠片みたいな希望を必死で集めた。――だからね、ここであきらめるはずがない。絶対に何かある、何一つ見逃さないって気持ちで、町を見てたんじゃないかな。そうしたら、こう感じたかもしれない」
 そして、アストリアーデはその言葉をはっきりと言う。
「この町は、おかしいって」
 振り返り、今度は兄へと向き合った。
「ヨセミスフィアのことを知らないのはまだわかる。でも、どうしてみんな、この町に科学者が住んでたってことも知らないの?」
「それは、実際に住んでなかったからじゃないかな?」
「サリュートアが調べたことって、そんなに信じられないことなの?」
「そういうことだってあるさ」
 何故、そんな目をするのだろう。
 戸惑い? 憐れみ? それとも、呆れているのだろうか。
 よくわかると思っていた兄の感情が、今は見えない。胸の奥のものが、またじわじわ、じわじわと広がっていく。
 どう説明しようかといくら悩んでも、上手い言葉が浮かんで来なかった。
「……もし、そう『思わされてる』としたら?」
「はっ、どういう意味?」
 ようやく拾い上げたそれを鼻で笑われた気がして、挫けそうになる。
 いつもなら――いや、以前なら馬鹿にしたと怒って、喧嘩になっただろう。
 でも今はそんなことよりも、ただわかって欲しかったし、それが出来ない自分が悔しかった。
 言葉――説得力のある言葉が欲しい。
 これが逆の立場なら、きっと巧みな言葉で納得させることが出来るだろうに。
「何だかアストリアーデらしくないよ。そんなこと気にするなんて」
 その何気ない一言で感情は一気に動き、口から声となって出ていた。
「あたしらしさって何?」
「えっ?」
「あたしからすれば、サリュートアのほうが、ずっとサリュートアらしくないよ! いつものサリュートアなら、もっと注意深く見て、調べて、考えるもん!」
 そうやって声を荒げる妹を、兄は困ったように見ている。
 違う。困らせたいわけではなく、ただこの違和感を、わかって欲しいだけだ。
 もうどうしたら良いのかわからずに、視線を逸らした時だった。
「――?」
 向こうに見える店の前に、大きな白い犬が座っている。
 その犬は、こちらを見ているようだった。
 今日はずっと町を歩いていたけれど、あんな犬は見かけた覚えがない。
「ちょっ、どこ行くんだよ!」
 サリュートアの声が後ろから追ってくる。
 気がつけば、アストリアーデは白い犬を追っていた。

 躍動する脚と、太い尻尾。
 走るのはさすがに速く、すぐに姿を見失いそうになってしまう。
 でも、そうすると犬は、まるでアストリアーデを待つかのように動きを止め、こちらを見た。
 いや、犬ではない。――狼だ。
 彼女は実物をまだ見たことはなかったが、そう確信する。
 こちらを誘うように鼻先を動かしてから、再び走り出したその姿に必死で喰らいつき、追った。
 見失わないように凝視していると、それ以外の街や人々の輪郭が、ぼやけてくるかのようだった。

『ほら、こうしたら、まいごにならないだろ』

 急に、幼い頃のことを思い出す。
 別に絵が得意なわけでもないのに、サリュートアが小石に絵を描いてくれた。
 その下手さにアストリアーデは笑ったけれど、今思えばできるだけ妹が覚えやすいようにと考えた、兄の配慮だということがわかる。
 そういえばあれ以来、彼はほとんど絵を描かなくなってしまった。今さら謝っても遅いだろうか。
 最初は赤い花、次は白い犬、黄色い鳥、最後に青い月。
 赤い花は庭に咲いていて、アストリアーデが好きだった花だ。
 月は母が好きで、よく家族でも月見をした。色が青になったのは、父の昔の異名が面白かったからだったと記憶している。
 では、白い犬と黄色い鳥は、どこで見たのだろう。
 知っている家で犬を飼っているところはあったが、真っ白というわけではなかったし、黄色い鳥というのもあまり印象には残っていない。
 もしかしたらあれも犬ではなく、狼だったのだろうか。

 アストリアーデの足はひとりでに動くようにして、白い狼の後を追う。狼は、町を行く人の間をすり抜けるようにして走る。
 誰もその姿に目を向けるものはいなかった。必死で走るアストリアーデのことも気に留めていないように見える。
 周囲はどんどんぼやけて行って、人とすれ違っているはずなのに、まるで人の形をした煙の中を潜り抜けているような感じがした。
 もう少しで狼に追いつけそうだと思った時、つま先が何かに引っかかり、体が前へと投げ出される。
 衝撃が走り、歯を食いしばって痛みを堪えた。それからすぐに立ち上がり、咄嗟についた手のひらと、打った膝をさすりながら周囲を見回す。
 目の前には建物があり、道は左右に伸びていた。どちらの道にも、あの狼の姿は見えず、買い物をしている男女や、走り回って咎められている子供の姿がある。
「アストリアーデ!」
 その時、名を呼ぶ声に後ろを向くと、見慣れた姿が目に飛び込んできた。
「どうしたんだよ……急に」
 サリュートアは近づいてきて立ち止まり、苦しそうに息をする。
 彼がずっと追いかけてきたことに、気づかずにいた。
「怪我してるじゃないか」
 言われて右手を見ると、手のひらに赤く血がにじんでいる。
 さっき地面についた時に擦りむいたらしい。少し土もついていた。
「大したことないよ」
 そう言って水筒の水で軽く洗い、ハンカチで縛っておく。
 結局、また心配をかけてしまったことに、胸の辺りに苦いものが広がるような思いがした。
「その……狼がね」
「狼?」
 サリュートアは訳がわからないというような顔をしている。
 こういう反応をするということは、彼はあの狼は見ていないのだろう。
「ううん、そうじゃなくて――」
 また様子がおかしいと思われただろうか。
 いつもなら笑い話で済むかもしれないが、先ほどのこともあり、自信がなくなってしまう。
 説明に困って、アストリアーデはまた建物の方を見た。今気づいたが、そこには小さな木の看板がかかっている。
 でも、そこには入り口と思われるようなものはなく、ただ煤けた壁があるだけだ。
「店……かな」
「さあ。……ここに来たかったわけ?」
 それならそうと言ってくれれば、と兄はため息をつく。
 もちろん、来たかったわけではない。でも、あの狼はどこかに行ってしまった。
 何度視線をあちらこちらへと飛ばしても、もうあの真っ白な姿は見えない。
 そんな自分へ怪訝そうに向けられる視線が居た堪れなくて、彼女は何か見つからないかと、もう一度店の方を見る。
 目を凝らすと、看板に描かれているのは字ではなく、記号のようにも見えた。
「おい、急にどうしたんだよ」
 その時バートの声が聞こえたので、アストリアーデは弾かれたように振り返り、セシリアの姿を探す。
「セシリアさん!」
 名を呼ばれ、彼女は躊躇うようにしてバートの背後から姿を現す。
 そういえば、セシリアの名は口にしないということになっていた。
 だが、もう呼んでしまったものは仕方がない。アストリアーデは彼女に、看板を指差してみせる。
「これ、アイセフバックじゃない? 読める?」
 セシリアは目を瞬かせ、それから看板のところまで近づくと、じっと眺めた。
「はい。読める……と思います」
 それからひとつひとつを指で追うようにしながら見ていく。
「ええと、三・五、二十二・四……」
 小声で何やら番号を呟いている。彼女なりの記憶法があるようだった。
「バ――イラルス……フィート。バイラルスフィート、と書いてあります」
「意味は?」
 聞かれ、彼女はゆっくりと答える。
「……始まりとか、始めるという意味でしょうか」
「店の名前かなんかかな。裏に回ってみっか?」
 そう言って横を向いたバートは、何を思ったのか急に後ろを振り返り、また別の方角にも目を向けた。
「おい」
 つられて周囲を見た三人は、言葉を失う。
「誰も……いない?」
 近くの店で買い物をしている男女や、家の前で遊んでいる子供だけではない。
 先ほどまで人が行き交っていた街には、誰の姿もなくなっていた。

 目次