アリス。

 ねえアリス。眠れないのなら少しお話をしてあげるよ。
 この世界が本当はどんな姿をしてるのか。

 聞きたくないのなら別にいいよ。
 ボクが困るわけでもなければ、キミが困るわけでもない。
 本当に他愛のない話。戯言と言ってもいい。
 世界は欺瞞に満ちてるからね。
 キミとボクが存在するかどうかさえ怪しいもんだ。
 じゃあこんな話をしたって何の得にもならないって?
 そうだね。誰も得をしないかもしれない。
 でも、損もしないかもしれないよ。
 所詮これはその程度のお話。
 そして全てはその程度のこと。

 でもね、これだけは覚えておいて。
 目に見えるものが全てじゃないし、耳で聞こえるものが全てじゃない。
 感じることが、全てなんだ。
 世界は無数にあるんだよ。

 おや? もう寝てしまったんだね、アリス。
 おやすみ。良い夢を。

INDEX NEXT