リルデと青い鳥

リルデと青い鳥
 リルデは、ちいさな町に、お母さんといっしょにすんでいました。
 お母さんは町にひとつしかない病院で働くお医者さんです。いつもいそがしくて、リルデといっしょにいられることがあまりありません。
 今日は、ひさしぶりのお休みで、いっしょにピクニックにいけるはずでした。けれどもじゅんびをしていたとき、電話がかかってきて、お母さんは病院にいかなければいけなくなりました。
 お母さんがでかけたあと、リルデは、じぶんのへやで、ベッドに顔を押しつけて泣きました。
「ひどいよ、お母さん。わたしとのやくそく、やぶってばかりで」
 コン、コン。
 そのとき、とつぜんなにかの音がしました。
 そちらをみると、ちいさな青い鳥がオレンジ色のくちばしで、リルデのへやのまどをたたいています。
 リルデは泣いていたこともわすれて、まどにいそいで近寄りました。
 コン、コン、コン。
 リルデが顔を近づけても、青い鳥はにげません。
「あけてほしいのね?」
 リルデはそう言うとカギをはずし、ゆっくりまどをあけました。
「ありがとう」
 リルデはビックリして、へやのなかに入ってきた青い鳥をみます。
「あなたがありがとうって言ったの?」
 すると、青い鳥はちょこん、とふしぎそうに首をかたむけました。
「へやに入れてもらって、ありがとうって言うのはおかしいかい?」
「それは、おかしくないけど」
「そんなことよりさ」
 青い鳥は、そんなリルデにはかまわず、うれしそうに言いました。
「ぼくとあそびにいかない?」
 リルデは目をぱちぱちとさせ、聞きかえします。
「どこへ?」
「空のうえさ」
 それを聞いて、リルデはくちをとがらせました。
「そんなの、できっこないわ。わたし、空なんてとべないもん」
「なんでやるまえから、できっこないってわかるんだい?」
 そう言われると、自信がなくなってきます。もちろん、まだやったことはありません。
「じゃあ、どうすればいいの?」
「こうするのさ」
 青い鳥は、さっとうしろを向くと、ながいしっぽをふりふりとふりながら、羽をバタバタさせます。リルデも、まねをしてみました。
 すると、目のまえがうずまきのようにぐるぐるとまわりはじめ、へやがどんどんどんどんひろがって、てんじょうがたかく、たかくのびていきました。
「ほら、できたじゃないか!」
 青い鳥のたのしげな声に、リルデは目をぱちぱちさせます。
 気がつけば、リルデもちいさな青い鳥になっていました。

「すごい! わたし、空を飛んでるのね!」
 羽をうごかすと、体がまえへびゅんとすすみ、景色はどんどんうしろへとすすみます。空からみる町は、とてもちいさく、まるで、おとぎばなしの妖精の町のようです。
 しばらく飛んでいくと、赤い屋根の家がみえてきました。
「あ! セナちゃんの家だ!」
「セナちゃんって?」
 青い鳥に聞かれて、リルデは答えます。
「セナちゃんはかわいくて、とってもやさしくて、べんきょうも、うんどうもできて、カンペキな子なの」
「ほんとうに?」
「あたりまえよ! ほんとうよ」
「じゃあ、いってみよう」
 青い鳥はそう言って、赤い屋根の家のベランダにおりていきました。リルデもいっしょについていきます。
 セナちゃんは、洗たくをしているお母さんのうしろをついてまわっていました。お母さんのエプロンを片手でひっぱって、なにかをおねだりしています。お母さんがなにかを言うと、セナちゃんはあっというまに泣きだして、いやいやと首をふりました。
 それをみたリルデは、ビックリしてしまいました。リルデの知っているセナちゃんとは、あまりにもちがったからです。
「セナちゃんって、あまえんぼさんなんだ」
 そう思ったら、リルデのあたまのなかにいた、カンペキなセナちゃんは、ぱっときえてなくなってしまいました。
 なんだか、いままでよりも、セナちゃんとなかよくなれそうです。

「あ、あれはゴーテの家だわ」
 またすこし飛んでいくと、緑の屋根の家がみえてきました。
「ゴーテって?」
 青い鳥がまた聞くので、リルデはまたせつめいをしました。
「すっごくイヤなヤツなの! すぐいじわるするし、ヘンなこというし」
「ほんとうに?」
「ほんとうにほんとうよ! すっごいイヤなヤツよ!」
「じゃあ、いってみよう」
 青い鳥はそう言って、緑の屋根の家の塀のうえにとまりました。リルデもそのとなりにとまります。
 ゴーテは、へやのすみっこで、ひざをかかえてすわり、泣いていました。
 それをみたリルデは、ビックリしてしまいました。リルデの知っているゴーテとは、まったくちがっていたからです。家のなかにいるのはゴーテだけで、たべられていないごはんがテーブルのうえにおいてあります。
「ゴーテ、ひとりぼっちでさみしいんだ」
 そう思ったら、リルデのあたまのなかにいた、イヤなヤツのゴーテは、ちりぢりになってきえてしまいました。
 なんだか、こんどあったときは、ちょっとやさしくできそうです。

「あそこは?」
 こんどは、白くて四角いたてものです。青い鳥がリルデに聞きました。
「お母さんの、病院」
「いってみよう」
 青い鳥とリルデは、病院の庭の木のえだにとまり、まどからなかをのぞきました。そこには、白衣をきたお母さんがいます。
 リルデは知りませんでした。
 お母さんがあんなにいそがしくはたらいて、たくさんのひとたちを笑顔にしていることを。
 リルデが会ったことがあるひとも、知らないひとも、みんなお母さんにお礼を言って、家にかえっていくことを。
 でも、お母さんも知らないのです。リルデのほんとうのきもちを。
 そう思ったら、光がはじけて、目のまえがまっしろになりました。

「リルデ?」
 目をあけると、そこにはお母さんの顔がありました。
「今日はごめんね。ケーキをかってきたの」
「でも、患者さん、いっぱいいたよ」
 リルデがそう言うと、お母さんはふしぎそうにリルデをみてから、わらいました。
「そんなこと気にしなくていいのよ。仕事かわってもらえたから」
 リルデは気づきました。泣き疲れたリルデは、ずっとへやでねむっていたのです。
 でも、空を飛ぶふしぎな感じは、リルデのなかにしっかりのこっていました。
 リルデはキッチンにいこうとするお母さんを追いかけ、うしろから抱きつきました。そして、思いきって言いました。
「お母さん、わたし、ピクニックにいけなくてもいい。ケーキもいらない。だから、もっとお母さんといっしょにいたい!」
 自分の気持ちを伝えると、なぜだかむねのおくがぎゅっとなって、なみだがこぼれてきます。
 お母さんはおどろいたような顔で、ふりかえりました。そして、リルデをぎゅっと抱きしめると、いっしょになって泣きました。

「いい天気だね」
 リルデは、病院の中庭のベンチにお母さんとすわり、空を見上げます。
 あれからリルデは、お母さんの病院によく来るようになりました。リルデも患者さんと話をしたり、かざってある花に水をあげたり、手伝いをすることができましたし、休み時間には、お母さんとしゃべったり、ごはんをいっしょにたべることもあります。
「あっ」
「どうしたの?」
 リルデのあげた声を聞いて、お母さんがふしぎそうにリルデをみました。
 小さな青い鳥が、きれいな羽をパタパタとうごかしながら、空をすべるように飛んでいきます。
「ううん、なんでもない」
 そのオレンジ色のくちばしが、なにかを言ったような気がして、リルデは思わず、笑顔になるのでした。