襲来

 目を開くと、天井がぼんやりと霞んで見えた。
 何度かまばたきを繰り返し、次第に視界が鮮明になるとともに、記憶の輪郭もはっきりとしてくる。
 祥太郎はあの得体の知れない『異世界人』を全て撃退した後、何とか扉だらけの部屋から脱出し、這うようにして休憩所までたどり着いた。自販機の奥に仮眠室があるのを見つけ、ベッドに倒れこむようにして寝たのだ。
 それからどのくらい眠っていたのか定かではないが、疲労はまだ取れてはいない。起き上がることがひどく億劫だった。
「しばらく麺類食えないかも……」
 そう呟く声もかすれている。何十体――いや、何百体だろうか。飛ばしても飛ばしても、後からきりなく迫り来る異形をひたすら飛ばし続けること十数時間。ともすれば脳裏に蘇ってくるその禍々しい姿に体が震える。
 その時、ドアをノックする音が耳に届く。か細い返事をすると、人が入ってくる気配がした。
「祥太郎くん、お疲れ様」
 遠子だった。顔を少しだけ動かせば、トレイのようなものを持っているのが見える。
「おなかすいたんじゃないかと思って、スープを作ってきたの」
 そういえば、ずっと何も口にしていない。そのことを思い出した途端に腹の虫が騒ぎ出す。
「……ありがとうございます」
「はい、あーん」
 上半身をゆっくりと起き上がらせた祥太郎の目の前には、スプーンが差し出された。視線をあげると、遠子のにこやかな顔がある。
 それを受け入れるのは流石に気恥ずかしかったのだが、体も上手く動かないことだし、結局親切に甘えることにした。
「ん」
 流し込まれた少しぬるめのスープが、どろっと口の中に広がる。
「ん? ――うっ」
 思わず吐き出しそうになった口を手で塞がれ、強引にベッドへと引き倒された。その衝撃で、液体は食道から胃へと一気に侵入していく。
「んぬぬぬ、うおぁっぷ!? おえっ!?」
 何とも形容のしがたい青臭さと生臭さ、刺すような辛味と鼻につく酸味、口の中にはねっとりと粘りつく甘みと舌が痺れるほどの苦味が残り――想像を絶するほどの不味さだ。むせて咳き込むと、鼻から臭気が噴出して、さらにむせてしまう。涙を浮かべてのた打ち回る祥太郎を、遠子の変わらぬ微笑みが見下ろしていた。
「うげぇぇぇぇぇっっ、なんなんすかこれ!?」
「元気が出る薬草のスープよ。さあさあ、もっと飲んで」
「もうもうもういいです。結構です! うわまずっ、喋るとまたまずっ」
「もう一杯?」
「いやいやいやいや、ほんとに、ほんとにいらないから!? 死んじゃうから!!」
「でも、元気になったでしょ?」
「元気になんかなるわけ――あれ? ……ほ、ほんとだ」
 確かに彼女の言うように、あれだけ鉛のように重かった体がすっかり軽くなっている。
「ね、遠子さん特製のスープは効くんだから。でもお腹はまだ空いてるでしょう? もう少し食べたらいかが?」
「いや、ほんとに、お気持ちだけで。助かりました。十分ですから、ありがとうございます!」
 せっかく作ってくれた彼女には悪いが、あと一滴ですら口に入れる気にはなれない。祥太郎は何度も頭を下げると、ベッドから転がるようにして降り、そそくさと休憩所を後にした。
「そう、残念。……残りはどうしようかしら」
 一人残された遠子は呟くと周囲を眺め、やがてぽんと手を叩く。

 ◇

「ぐはらぁぁぁぁっぁっつつ!!!!」
 アパートの中に悲鳴が走る。
 ミーティングルームでくつろいでいた面々が何事かと顔を上げると、慌しい足音のあと、荒々しくドアを開け、才が鬼のような形相で入ってきた。
「遠子さん! あれだけ缶コーヒーの中身を薬草スープとすり替えるのはやめてくださいって頼んだじゃないですか!」
「やっぱり才くん、今日は微糖を選んだのね」
「いや選んだけども、ブラックよりは微糖の気分だからと思って選んだけども!」
「良かった。せっかく作ったから、捨てちゃうのももったいなくて」
「こっちは全然良くないですよ! なんでコーヒー飲もうと思ったのに薬草スープ飲まなきゃなんないんすか!? あのスープ、心の準備なしで飲むと、ほんっとーに心臓に悪いんすから!」
「でも、元気になってるから結果オーライじゃない? 女の子ともよろしくできるでしょう」
「急におっさんみたいなこと言うのやめてください! 体が元気になってもダメなの! 気持ちがすっげー落ち込むの! 口も臭くなるし!」
「でも先に言うと、誰も飲んでくれないんだもの」
「当たり前ですよ! 遠子さんも自分では飲まないじゃないっすか!」
「だって私は元気だもん」
「……遠子さんの薬草スープは、死んだ人でも生き返るんじゃないかと思うくらい強烈だからなぁ」
 二人のやり取りに圧倒されていた理沙が、ぽつりと呟く。
 それから大きなソファーにごろんと横になっている祥太郎のほうを見て、合点がいったように手を叩いた。
「ああ、だから落ち込んでるんですか? 祥太郎さん」
「……違うよ。仕事で、あんな酷い目に遭うなんて思わなかったんだ」
 彼は力なく答えてから、体をがばっと起こす。
「異空間? 異世界人? 侵略? 冗談じゃない!! ……俺、やっぱこんな仕事やめるよ。まだちゃんとした契約もしてないし」
 憤る彼に、静かに紅茶を飲んでいたマリーが冷めた視線を向けた。
「あなたこの前、超高速で契約書にサインしてたじゃない」
「えっ?」
 昨日――いや、ほぼ一日寝ていたらしいので一昨日となった面接の日の細かい記憶は、かなり曖昧になっている。
 目を閉じ、祥太郎は改めて面接の時の記憶を手繰り寄せてみた。

『ああ。早速これから仕事にかかってもらいたいんだが、いいかな?』
『はい、もちろんです!』

「うわぁぁぁぁっっっ!! してたぁぁぁっっ!!!! 『いいかな?』の時に契約書見せられて、超高速でサインしてたぁぁぁぁっっっ!!!!!」
「馬っ鹿じゃねぇの?」
 頭を抱え、ごろごろと転がる彼を見て、すっかり落ち着きを取り戻した才が吐き捨てるように言う。
「バカよね……わたしも一応忠告してあげたのに」
「契約書はきちんと確認しないとねぇ」
 さらに畳み掛けるようなマリーと遠子のコメントが重くのしかかり、祥太郎をソファーへと沈み込ませた。
「あ……で、でも、転移能力者が必要だったわけだし、世のため人のためにはなるわけだし……」
「じゃあ理紗ちゃんは、完全に納得してここで働いてるわけ?」
 そこへ訪れたフォローに再び顔を上げ、子供のように口を尖らす彼に、理沙は頷く。
「あたしはそうですよ。やっぱり自分の能力も最大限に活かしたかったし」
「まー、それはそうなんだけどさ」
 祥太郎がろくに調べもせず、ここへとやって来た一番の理由もそれだ。サインしたのをすっかり忘れるくらい気分が昂っていたのも、初めて思う存分能力を使えたからだし、ここで働きたいという気持ちで一杯だったからでもある。
 視線をマリーに移すと、彼女は扇を開いて口元に当てた。
「わたしは納得してるに決まってるじゃない。他に働き口もないもの。お仕事が面倒だということを除けば、住み心地もいいし」
 彼女が言うように、休憩所から逃げた後向かった食堂も綺麗で、料理も美味かった。そこのスタッフに聞いたところ、飲み物も自由に飲んで良いとのことだったし、ジムやプールなどの設備も充実しており、それらも無料で使えるらしい。割り当てられた自室はまだ確認できてはいないものの、居心地のよい場所なのだということは想像がついた。
「俺がこの仕事をやってるのは、まあ、世のため人のためだな」
 聞かれないうちから胸を張りつつ言う才に、祥太郎はふんと鼻を鳴らす。
「才のは絶対嘘だろ」
「サイのは嘘よね」
「才くんは胡散臭いわよねぇ」
「うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん……」
「ちょちょちょちょ待って何、何、何その手のひら返し!? 理沙ちゃんも悩みすぎだろ! あとてめぇは呼び捨てにしてんじゃねぇよ新人! 才様と呼べ才様と!」
「は? サイ様ぁ?」
「才様だって……ふふっ」
「えー」
 言われた当人である祥太郎が反応を返すよりも早く、何故か女性陣に全力で否定され、ぷるぷると震える才。
「皆、すっかり打ち解けたみたいだね」
 そこへにこにことしながら、マスターが入ってくる。祥太郎はソファーへと座り直し、彼を見上げた。
「まあ……それなりには。ところで、契約書の控えってないんですか?」
「事務室にあるから、後で持ってこよう。ただ、祥太郎君には、頑張って続けてもらいたい。実を言うと人手が足りなくて困っているしね」
「物体転移能力者なんて、いくらでもいると思いますけど」
「いや」
 マスターはかぶりを振る。
「あの求人広告は、A5ランク以上の能力者しか見えないように設定されていた。そうそういるレベルじゃない。実際、君以外ここへは来てないよ。今は締め切ったがね」
「A5? ……俺もそうなんですか?」
「そうだよ。それだけの力を持っている」
 そういうランクが存在するというのも、祥太郎は初めて知ったことだった。
「前々から思ってたけれど、その分類の仕方、和牛の格付けみたいよねぇ」
「それに一番大事なことは、何だかわかるかね? 祥太郎君」
 のんびりと挟まれた遠子の言葉は完全に無視される。
「強い思いだよ。君は自分の生まれ持った才能を、最大限に発揮したいと思った。そういう能力者を我々は求めてるんだ」
 丸眼鏡の奥の優しげな目を真っ直ぐに向けられ、深みのある声で熱く語られると、胸を打つものがあった。
「まぁ、ころっと騙されるのね。おめでたいこと」
 そんな心の動きを感じ取ったのか、馬鹿にしたように言うマリーへと、祥太郎は顔を向ける。
「マリーは、ここに何か思うところがあるのか?」
「借金だけよねぇ、マリーちゃんにあるのは」
「トーコは黙ってて! ……別にそういうことはないけど」
「ふーん」
 そう言ってそっぽを向く彼女には、どうも含むところがありそうだ。何か口に出来ない事情があるのかもしれない。
「祥太郎くん」
 ここに留まり続けるのはやっぱり危ないんじゃないだろうかと祥太郎が考え始めた時、遠子の穏やかな声が耳に届いた。
「マスターが言うように、誰もが持ってる力じゃない。それをどう使うかはその人の自由だけれど、祥太郎くんには、他の人が選びたいと思っても選べない選択肢があるってことだから、よく考えたほうがいいわ」
「ご高説もっともだけれど、トーコはいつも大したことしてないじゃない」
「あら、さっきも祥太郎くんに薬草スープを作ってあげたわ。元気になったもの。ね?」
「ええ、まあ……」
 しかし、あのマズさがまだ口内に残っている。才が言ったように、体は元気になっても、気分は上向いてはこない。
「確かに、わたしも薬草スープの効果は認めざるを得ないけれども、元気になるために毎回あんな思いをしなきゃいけないなら、飲まないほうがマシってものよ」
 蘇る記憶を追い払うがごとく、マリーが扇をパタパタとさせた時のことだった。

 ウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッッッッッッッッッッッ!!!!!

 大きなサイレン音が突如、部屋中に鳴り響く。
 皆一瞬にして表情を引き締め、周囲を見回した。
「あ、ごめん。俺のアラーム」
 そんな中のんびりと、才が腕時計をいじり始める。
「何なのそのアラーム、緊急事態かと思ったじゃない!?」
「俺にとっては緊急事態だからさ、データの更新忘れ。薬草スープにすっかり気をとられてて」
 マリーの非難の声にひらひらと手を振ってから、彼は腕時計に手を重ね、目を閉じた。
 周囲が見守る中、しばらくして彼の眉がぴくりと上がる。
「……でも割かし緊急事態。B1-146、ミリソーニルに30体。1時間後。……12時間以内には、とりあえずそれだけだな」
「1時間後にミリソーニルか」
 マスターは腕を組み、やがて落ち着いた声で告げる。
「ではマリー君、理紗君、祥太郎君、頼む」
「かしこまりまして」
「了解です!」
「え? また俺? だって俺は――」
「ぐだぐだ言うのは後! 1時間しかないんだから。45分後にここ集合よ」
「ふ、二人ともどこに?」
 さっさと移動を始める二人に祥太郎が戸惑っていると、理沙が振り返り、笑顔を見せた。
「あたしはちょっと泳いできます。マリーちゃんは食堂かな? ほら、好きなことしとかないと、しばらく何も出来なくなっちゃうから」
 
 ◇

「はぁ……」
「もういい加減覚悟を決めなさいよ、うっとうしい」
 『ゲートルーム』へと向かいながら吐かれる、何度目になるかわからない溜め息に、マリーが堪えかねて言った。
「溜め息つくと、オバケが寄ってくるらしいですよ」
「……幸せが逃げる、じゃなくて?」
「え、そうなの? 地域差かなぁ」
 自分を置き去りにして話題が広がるのを尻目に、祥太郎はまた溜め息をつく。結局流されるまま、やることになってしまった。先日の攻防戦が思い出され、暗澹たる気持ちになる。
 そんなことがありながらも、最初の部屋に到着した三人は、『コンダクター』と呼ばれる腕時計を確認しながら、『B1-146』の扉へと向かった。下から覗かれるのは嫌だから先に行けと祥太郎にせっつくマリーは、今日も高そうなドレスを着ている。
「ここが、ミリソーニルの扉?」
「はい、カワイイですよね」
 やがてたどり着いた大きなパステルカラーの扉は、全体的に丸みを帯び、おもちゃの家のドアのようだった。よく見るとハートや星のマークもついている。
「はいはい、下がって下がって」
 隣でパネルを操作していたマリーが扇を振る。二人が下がると、扉はぽこん、と音を立てて手前に開いた。
「デザインだけじゃなく、開き方も違うのか」
 中へと進んでみると、テラスのようになっているのは同じのようだったが、こちらもおもちゃの家のバルコニーといった雰囲気が漂っている。アルテス・ミラと比べて広く、立っていても安定感があった。
 光の球は、今回は左方向。金平糖のような形で、アルテス・ミラの時には薄暗いだけだった空間にも、同じようにカラフルな星が沢山見える。
 何故こんなに様子が違うのか、祥太郎には理解できなかったが、殺風景なだけよりは和むし、一人きりではないということもあって、段々と気持ちに余裕も生まれてくる。二人がどうやって侵略者に対処するのかという、純粋な興味も湧いてきた。
「今回は30体って言ってたよな。三人もいるし、楽勝かな?」
「あのね、数の問題じゃないの。アルテス・ミラの住人よりも、ミリソーニルのほうが高度なのよ。わたしたちにかかれば楽勝というのに異論はないけれど、それでも油断は禁物」
「そろそろ来ますよ!」
 理沙が言って指差した方からは、金平糖の星と同じ色をした、カラフルな物体が徐々に近づいてくるところだった。小さく丸っこい象のように見える姿で、小さな羽根を生やしている。まるで、ゆるキャラのようだ。
「あ、なんか癒される」
「見た目に騙されちゃダメ」
 マリーは再度釘を刺してから、踊るように扇を動かす。そこから生み出された光の風は三人を優しく包み込んだ。
「祥太郎さんは、出来るだけ向こうが遠くにいるうちに飛ばしてください! こっちに来たのはあたしがなんとかしますから」
「了解」
 ということは、向こうも何か攻撃を仕掛けてくるのだろうか。そんなことはさせないと思いながら、祥太郎は意識を集中させる。
 一体――二体。小さな体を視覚が捕捉次第、転送装置へと飛ばしていく。あちら側から、鳴き声のようなざわめきが起こるのがわかった。
 特に抵抗されることもなく、順調に進んでいると思ったその時――。
「うわっ」
 突然何かが目前へと迫ってきた。慌てて身をよじると、バルコニーの手すりに紐状のものが巻きついている。それは、長い鼻だった。
「来たわね」
 理沙はそれを掴んで引き剥がし、転送装置に向かって投げ飛ばす。
 今のは速く、意識の集中が間に合わなかった。確かに油断をしていると足をすくわれそうだ。祥太郎が改めて気を引き締め、前方を見やると、今度は何か丸いものがふわふわと漂ってくるところだった。
 ――泡だ。シャボン玉のようなそれは、異世界人の鼻先から生み出され、その数をどんどん増やしていく。
「何だろう? 初めて見るやつだ。キレイだけど……」
「そう? 汚くない?」
 マリーは理沙のほうをちらと見てから、シャボン玉を追い払うかのように扇を横へと動かした。光の風は膜となり、バルコニーを覆う。
 ぼごん。
「うぉっ!?」
 それに触れた途端、爆発を起こしたシャボン玉に、祥太郎は思わず体を仰け反らせる。マリーの結界のおかげで何ともないが、まともに食らえばそれなりのダメージがあるだろう。
 シャボン玉を転移させるのは、それほど難しくはない。ただ、どうやら転送装置のところに行くまでに消滅してしまうらしく、すぐに手ごたえがなくなってしまう。
「くそっ、邪魔だな! 前が見えない」
 その間にも現れるシャボン玉の数は増える一方で、小柄なミリソーニルの住人の姿も覆い隠していく。どうしたものかと迷う祥太郎の隣で、理沙がすっと細い指を伸ばした。
 ひやりとして振り向くと、彼女の指先につつかれたシャボン玉は、ぽよりと揺らいだ後、他のシャボン玉にやんわりとぶつかる。それはまた別のシャボン玉にぶつかり――流れが逆転したかのように、異世界人のほうへと戻り始めた。
 象っぽい異世界人は、まさか自分たちのもとに戻ってくるとは思わなかったのか、慌ててわらわらと逃げ出していく。所々で爆発が起き、ぴーぴーと悲鳴も上がった。
「ショータロー、ぼんやりしてないで仕事して!」
 つられてシャボン玉に指先を伸ばしかけていた祥太郎は、マリーの声に我に返る。
「りょ、了解!」
 そしてパニックになっている異世界人を、次々と転送装置へと放り込んでいった。

 それからは、簡単だった。新兵器が役に立たなかったショックが大きかったか諦めるのも早く、しばらくして異世界人の姿は完全に見えなくなる。
 しんと静まり返る金平糖の星空の下、『コンダクター』には”Complete!!!”の文字が浮かび上がった。
「よし、やった!」
「お疲れ様でした!」
 それを見てハイタッチをする祥太郎と理紗。マリーも渋々といった風に手を合わせる。
 こうして祥太郎が辞める辞めないという話は、うやむやになったのだった。

 目次