新春の幻(前編)

「あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しく」
 遠子はミーティングルームへと入ってくると、恭しく頭を下げた。
 しかし皆、和装の彼女を見て目を丸くする。
「どうしたんですか? 遠子さん。――今、五月ですよ?」
 代表して言葉を発した理沙に、彼女はそれでもにっこりと笑む。
「でもほら、たまにはお正月気分を味わいたいって時もあるじゃない?」
「ないわよ」
 しかしマリーは即言って扇をひらひらとさせた。
「せめて今が猛暑の最中で寒い日が恋しくて恋しくて仕方がないっていうならともかく、こんな微妙なお天気じゃ」
「五月病かなんかすか? 遠子さん自分でも気づいてないうちにストレスフルな状態になってるとか」
 そう言った祥太郎の目は、羽織袴姿の才に一瞬向けられるが、すぐに見なかったことにされる。
「あのな、俺様も好きでやってる訳じゃねーから」
「他にどんな理由があるって言うの?」
「これはな、マリーちゃん。れっきとした仕事なの。シミュレーターの点検」
「シミュレーター?」
 理沙がそのまま言葉を繰り返す。不安げに周囲を見回しても、理解している者は誰もいそうにない。
「異世界対策のな。色んな条件の世界を作り出してヴァーチャル体験が出来るって優れモンなんだが、皆様その存在を全くご存じない通り、普段あんまし使われてないってわけで」
「才くんが点検を頼まれたから、せっかくだし、みんなでお正月気分を味わいましょうってことになったの。ね?」
「いや、そんな当然みたいな顔されても、前後の言葉のつながりが全くわからないんだけれども」
 呆れ顔をするマリーの隣で、理沙はこくりと首をかしげた。
「才さんは、この説明で納得したんですか?」
「…………もちろん!」
「今の間はなんだ。そんなんで羽織袴まで着るか? 普通」
「と、遠子さんに頼まれたんだ。断れないだろ?」
「だってね、お正月といえば滅多に着られない着物を着て、おせち食べたり、お雑煮食べたり、お屠蘇飲んだりできるじゃない? 食っちゃ寝してても大目に見てもらえるし」
「トーコの中のお正月ってそれしかないの……?」
「あっ、わかりました!」
 理沙がようやく納得したという表情でぽんと手を叩く。
「つまり、お正月風のピクニックがやりたいってことですよね? それなら楽しそう!」
「そうそう」
「え、そういうことなん? ……ま、まあとにかく、点検にも人数いた方がいいし、手伝ってくれよ」
 理沙はすでに了承したと取ったのか、才の目は祥太郎とマリーのみに向けられる。
「マリーちゃんはほら、この前買った着物をアレンジしたドレスを着るいい機会じゃない?」
「えっ? ……そ、そうかもしれないわね」
 遠子の追撃であっという間に陥落したマリーを見て、祥太郎は一つ溜め息をつくと頷いた。
「俺もいいよ。シミュレータってヤツ? 結構面白そうだしな」

 ◇

「ここが、その装置? ……なんですか?」
「ただの部屋にしか見えないが」
 才たちに連れられていった場所は、至って普通の部屋だった。広さはそれほどなく、白い壁を覆うように背の高い棚が囲んでいるため、五人で入って扉を閉めるとやや圧迫感がある。
「普段は使ってないって言ったろ。一応普通の部屋に偽装してんの」
「ずいぶんと古い書類があるわ。完全に物置になってるじゃない。ここ」
「だからさ、これから積極的に活用してこうって話だよ」
 才は言ってマリーから祥太郎へと向き直り、その肩を軽く叩く。
「じゃ、ヨロシク」
「は?」
「この部屋のもん飛ばしてくれよ。とりあえずミーティングルームでいいから」
「何で俺が――」
 文句を言いかけ、祥太郎は口をつぐんだ。シミュレーターを使うことには同意したわけだし、言い争うよりもさっさと済ませた方が早いと思ったからだ。
 ひとつ大きく呼吸をし、彼は部屋の中をぐるりと見回してから意識を集中させる。
 すると立ち並ぶ棚、小さなテーブル、花瓶、積まれた書類――部屋の中にあったものが、次々と音もなく姿を消し始め、あっという間に周囲は白一色となった。
「祥太郎さん、さすが!」
「能力のコントロールにも慣れてきたのね」
 笑顔で見守る理沙と遠子とは対照的に、マリーは顔をゆがめる。
「……それまでに色々大変だったけどもね」
「そ、それは言いっこなしってことで」
 『ミュート』を外したままでいられるアパートの生活は大きな解放感があったが、同時にちょっとしたことで暴走してしまう能力を手なずけるまでにはそれなりの苦労があった。
 祥太郎の脳裏に、ミーティングルームの中を滅茶苦茶にしてして怒られたり、女子更衣室に間違って入り込んでぼこぼこにされたり、マスター秘蔵のティーカップセットをリサイクルショップの店先まで吹き飛ばして月給が全カットになってしまったりなどの苦い思い出が、短い間に浮かんでは消える。
「で? これからどうすんだ?」
「サンキュ! あとは任せとけ」
 才は親指を立てると壁に近づき、軽く手で触れた。二、三度指を動かせば、その一部が静かに開いて入力パネルが現れる。
「そんで遠子さんは、どんなトコがいいんでしたっけ?」
 遠子はしばらく考えた後、口を開いた。
「そうね……古民家は欲しいわね。風情があっていいと思うの」
「自分たちで好きに決められるんですか? じゃああたしは、丘の上がいいな。大きな木が立ってるんです」
「丘の上の古民家、大きな木、と……」
 才はぶつぶつと言いながら、遠子と理沙の言った条件を入力していく。
「雪がちらつくなんてロマンティックじゃない?」
 しかし、マリーの言葉には渋い顔で振り向いた。
「……あんまし寒いのはやだなぁ」
「だってヴァーチャルなんでしょ?」
「そこらへんは色んな技術の結晶でリアルに体感できるから!」
「じゃあ……神社はどう? 皆でお参りに行くの」
「それいいな! 正月感出るし。あと、かわいい女の子、と……」
「そんなのもあんのか?」
 その呟きに反応したのは、今まで黙っていた祥太郎だった。
「だって異世界の住人も想定しなきゃなんないだろ?」
「マジで? じゃあせっかくだから巫女さんな! 神社もあるし、正月っぽさ倍増でいいだろ?」
「おお、いいねぇ!」
 女性陣の白けた視線を感じつつも、シミュレーターのセッティングは無事に終了する。
「んじゃそろそろ出発な。今準備中だから、少しお待ちを」
「ワクワクしますね!」
 理沙のその言葉がきっかけとなったかのように、壁や床が微かに波打ち始め、質感も繋ぎ目も次第に失われていく。真っ白なスクリーンとなった部屋は、徐々に徐々に、その様相を変えていった。
「すごーい! 床が草と土の色になってきましたよ」
「あそこに素敵な古民家も見えるわね」
 最初は緩やかだった変化も、すぐにスピードを増し、あっという間に周囲は丘の上となっていた。足を踏み出せば土を踏む感触がし、日差しのあたたかさも、そよぐ風も感じられる。
「確かにリアルね。本当に外にいるみたい。空気は一月にしてはあたたかいかしら」
「ま、そこらへんはさ、過ごしやすい方がいいじゃんか」
「すげぇな」
 祥太郎はぐるっと辺りを見回してから、突然勢いよく走り出した。すると古民家はぐんぐんと近づき、振り返れば皆が遠ざかっている。息も確かに上がっていて、本当にどこかの丘の上へと一瞬にして移動してしまったとしか思えなかった。
「……ここ、マジでさっきの部屋の中なのか?」
 彼の唐突な行動に目を丸くしていた才だったが、合点がいったように破願する。
「ああ。これはいわゆる幻術の類だからな。術者の力量によらず安定的に、かつ安全にやろうっていうのがこの装置」
「すげー。使ってなかったってのがもったいないな」
「ま、やっぱ事実はシミュレーションよりも奇なりっつーか」
「ああ……わかる」
 祥太郎は今まで出会った異世界人を思い出す。どんなに綿密に対策を立てようが、その斜め上が来ることなど多々あるだろう。
「でもきちんと結界を張れば、訓練の質も上げられそうだけど」
「今はマリーちゃんみたいに優秀な結界師もいるしな。そういうのも含めて、見直すってことなんじゃね?」
「結界張れるヤツって、常にいるんじゃないのか?」
「そんなに都合よく集まるわけないでしょう。転移能力者の席だってしばらく空いてたんだから」
「ねえ、まずはあそこでゆっくりしない?」
 話しこむ三人が声のした方を向けば、少し先を行く遠子が、前方に見える古民家を指差している。
「遠子さんが用意してくれたおせち、食べましょう!」
 理沙が言って大きな風呂敷包みを掲げると、誰かの腹の虫が小さく鳴った。 

「だし巻き玉子に栗きんとん、数の子、海老、黒豆……」
「すごーい!」
 遠子が食卓におせちの重を並べていくと、理沙の歓喜の声が家の中に響き渡る。彼女ほどの反応は見せないにしろ、他の者も色とりどりの豪華な内容に溜め息を漏らした。
「五段目には何も入っていないのね」
「それはなマリーちゃん、控えの重なんだ。予備でもあるし、さらに豊かになっていく余地を残すっていう願いも込められてるんだぜ」
「へぇ……面白いのね」
「あっ、あたしもネットで見たことあります!」
 笑顔で言った理沙の代わりに、才のドヤ顔が曇る。
「このテーブル? ってさ、どうなってんの? おせちは本物だろ? 実際は床に置いてるってことか?」
 祥太郎がまじまじと眺める食卓も部屋も、古びてはいるが誰かが隅々まで手を入れているかのように清潔だ。
「ああ、この部屋ってある程度どうにでもなる素材で出来ててさ、その時の状況によって形を変えんだよ。だからこれも材質は木じゃねーけど、形は実際にテーブル状になってるってわけ」
「へー、すげぇな。その方がリアルになるもんなー」
「二人とも、そういう話は無粋じゃない? せっかくだから、この世界にどっぷり浸りたいじゃない」
「あ、すいません、つい」
「えっ、俺も? だって遠子さん、こいつが――」
「ところでこのおせち、まさかトーコが作ったの?」
 マリーが挟んだ言葉で、遠子の視線は才たちから離れる。
「ううん。早苗さんに作ってもらったの」
「早苗さんって……キッチンのスタッフ?」
「そうそう」
「もしかして、あのすっげー無愛想なおばちゃん?」
「あまり反応はないけど、頼んだら色々やってくれるのよ」
 遠子は割って入ってきた祥太郎へと、皿に取り分けたおせちを差し出す。
「サンキュ! うまそー! 遠子さん、コミュ力高いなぁ。俺苦手だからあんまり話したことないや」
「トーコはただ押しが強いだけのような……あっ、わたしニンジン嫌いだから入れなくて――って何故山盛りにするのよ!?」
「人参もちゃんと食べた方が美人さんになるわよ、マリーちゃん」
「そうそう、好き嫌いなくしておいたほうが、すっごいお得だと思う。今日のマリーちゃんもお人形さんみたいでカワイイ!」
「そう? べ、別に……食べられないわけじゃないのよ? 好みじゃないってだけで。このお洋服はね、古い着物の生地を使った限定」
「うんうん、マリーちゃん部屋に飾っておきたい!」
 少しずれて入った相槌に、和やかだった空気が一瞬にして変わる。自分へと集まった視線に才は頬をこわばらせた。
「い、いや、別に変な意味じゃなくて、微笑ましいエピソードでして」
「才はマリーまで狙ってんのかよ」
「だからちげぇって! いや、確かに可愛いけどさ!」
「はいはい、じゃあいただきましょうね」
 全員の前に皿が置かれたのを機に、その話題はさらっと流され、少し遅めの昼食が始まった。

 ◇

「わぁ……古そうな鳥居。もう少し綺麗でも良かったんじゃない?」
 マリーはそびえ立つ鳥居を見上げながら言う。巨大な木製のそれに色はなく、所々朽ちたりささくれ立ったりしていた。
「でも歴史を感じる佇まいよね」
 遠子の言葉にも彼女は、曖昧に頷く。
「それもわかるけど……何だかちょっと不気味」
「オバケでも出そうってこと?」
「そういうのやめてよ!」
 つい大きな声を出してしまったマリーは、少し顔を赤らめてそっぽを向いた。
 おせちを全て平らげた後、神社に行ってみようという話になり、皆でここまでやってきた。歴史を感じるというよりは、打ち捨てられたかのような寂れた空気が漂っている。
「おい、巫女ちゃんはどうなったんだよ」
「おっかしーな、少し調子悪いんかな?」
 祥太郎に肘で突かれ、才は首を捻った。しばらく落ち葉を踏みしめながら石畳を進んでも、誰の姿も見当たらない。
「見てください! あの木!」
 その時、理沙が声を上げ、小走りにそちらへと向かう。
「近くで見ると、本当に大きいですねぇ! きっと御神木なんでしょうね」
「本当。樹齢何年くらいなのかしら」
 先ほどの鳥居を凌ぐ巨大さに、マリーも圧倒されたように声を漏らした。
「そういうのは適当だからなー。詳しければ細かく入力出来っけど、とにかくでっかい木をイメージすりゃ、後は勝手にやってくれるし」
「まぁ、誰でも使えるということを考えれば、その方が便利よね」
「……楠ね。樹齢は二、三千年ってところかしら」
 のんびりと歩いてきた遠子が幹に触れて言う。少しうろうろとしていた祥太郎もようやくやってきた。
「二、三千年!? 木ってすげぇなぁ。遠子さん、物知りなんですね」
「植物には少しだけ詳しいの」
「ああ、だから薬草とか……」
 言っているうちにあのスープの味が思い出され、祥太郎の声は尻すぼみになっていく。
 ――その時。
 不穏な気配を感じて、遠子は上を見る。そこにはいつの間にか黒い雲に覆われた空があった。
「みんな危ない! 木から離れて!」
「え? どういう――」
 ぽかんとした才の腕は、遠子がつかんで引っ張った。他の皆はいつも前線へと赴いているだけあり、反応が早い。
 各々がある程度木から距離を取り、振り向いた瞬間――眩い閃光が走った。
「うわっ」
「きゃっ!」
 思わず漏れた悲鳴は空気を振動させる音にかき消され、誰のものだかわからなくなる。
「みんな無事?」
 遠子がまだ少し煙る視界の中、呼びかけると、向こうに小さく見える三人が手を振った。
「遠子さんと才さんも大丈夫でよかった。雷……だったんですよね?」
「それにしては何ともないみたいだが」
 特に危険がなさそうなのを確認しながら、三人はこちらへと移動してきた。その間にある大木は、変わらぬ姿のまま立っている。
「ちょっとサイ、どういうことなの? これ」
 マリーが才へと詰め寄った時のことだった。
「かみ……さま?」
 背後で上がった小さな声に、皆、慌てて振り向く。
 そこには知らない少女の姿があった。一気に注目されたためか、色白の頬は上気し、大きな目が少し泳ぐ。
「おおっ、巫女ちゃんだ!」
 祥太郎が近寄ると、少女はぴくりと体を震わせ、少し後ずさった。
「マジだ、可愛い! ――けど何か違くね?」
 同様ににじり寄ってきた才を見て、彼女はもう一歩後ろに下がる。その姿は白衣に緋袴ではなく、不思議な模様の入った貫頭衣だ。
「確かに馴染みの巫女装束でイメージしたと思うんだがなぁ。やっぱバグかな? ――いてっ!」
 頭から足先まで舐め回すように見る彼の後頭部に、硬い物が命中する。マリーの扇だった。
「怯えてるでしょうが変態!」
「え、あっ。悪い、つい。――あっ、ちょ、ちょっと待って!」
 才が振り向いた隙に、少女は小さく頭を下げ、急いでその場から走り去ってしまう。
「ああ、お前のせいで逃げちゃったじゃんかよ!」
 そちらを指差しながら怒る祥太郎にも、何度目かの冷たい視線が向けられた。
「ショータローが近づいた時も迷惑そうな顔だったわよ」
「お、俺は才とは違って友好を深めようと――」
「あら、貴方だってずいぶん巫女にご執心だったじゃない」
「あのな、俺様も問題を報告するためにじっくり見てただけだからな!」
「静かに! 誰か来るみたいですよ」
 理沙の一言で、三人は言い争いをやめ、彼女の示した方を見る。数人の男女がこちらへと向かってくるところだった。どうやら丘のふもとに集落があるようだ。
 やがてたどり着いた一行は、こちらへと深々と頭を下げる。それから先頭にいる年配の男が、少しかすれた声で言った。
「ようこそおいでくださいました。心より歓迎をいたします。どうぞ、こちらへといらしてください」
 彼の言葉にあわせて、背後の男女も再び頭を垂れる。
「才くん、どうするの?」
「へ? 俺?」
 遠子に尋ねられ、才は目をぱちぱちとした。
「あ、そうか。ええと……とりあえず行ってみよう」
「サイ、大丈夫なの? 変な人はどんどん出てくるし、何だか寒くなってきたし」
「一応シミュレーションにも流れってモンがあってさ。今回ならピクニックに行って、のんびり遊んで帰ってくるっていうストーリーな。それが何らかの原因で狂っちまったんだと思う。申し訳ないんだけど、これも点検だから付き合ってくれよ。どうにもなんなくなったら、その時は俺が強制終了させるから」
「……そういうことなら、仕方ないけど。少なくとも家の中に入れば少しはマシよね」
 マリーは自身の腕を抱きながら、寒々しい色に変わった空を見る。
「俺も別に構わないぜ」
「先が見えないっていうのも、何だかワクワクしますね!」
「では、こちらへ」
 意見がまとまったのを見て取り、年配の男は言ってくるりと踵を返すと、丘を下り始める。皆もその後へと続いた。
「……イメージの具現化能力、天候や気温の設定等も問題あり、と」
 才は歩きつつ、巾着から取り出した手帳にメモを取っていく。
 今回は点検への影響を最小限に抑えるため、電子機器などの道具や、能力は出来るだけ使用しないということになっていた。
「お前って意外に仕事熱心なのな」
「うるせーよ、書き間違えただろ! ――くそっ、手書きめんどくせーな!」
「たまにはそういうのもいいじゃない」
 遠子がそれを面白そうに眺めながら言う。
「あまり書かないと、字も下手になっちゃうのよね。私なんかこの前、倉庫にあった魔道書整理のお仕事頼まれて書き写してたら、どういうわけか本棚だけが綺麗に消滅しちゃって。うふふ」
「トーコ、それ笑い事じゃないわ……もしかしたら、この前の爆発音もあなた?」
「あっ、マリーちゃんが聞いた音は、あたしだと思う。トレーニング中、勢い余って壁が吹き飛んじゃったから」
「なんつー職場だ……」
「お前がいうなクソ太郎。どっかに飛ばした俺のPC、さっさと弁償しろよ」
「だから、次の給料入ったら――って誰がクソ太郎だ!?」
 騒がしい五人とは対照的に、先導する村人たちは黙々と先を急いでいる。周囲には他の者の姿はなく、点在する茅葺の家々もしんと静まり返っていた。
「村の人たちは、お仕事ですか?」
「いえ、皆様をお迎えするために、長の屋敷で準備しております」
 遠子の問いには、近くにいた若い女が静かに答える。
 やがてたどり着いたのは、他の住居からは少し離れて立つ建物だった。塀越しに見える屋敷の大きさは、主の権力の大きさを物語っている。
「こちらです」
 門を入ってすぐ右へと曲がり、しばらく塀沿いに歩くと、床が高くなった家が建っていた。木でできた簡素な佇まいではあるものの、これまで村の中で見た家と比べれば十分立派だ。
「後ほど呼びに参りますので、しばらく中でお待ちください」
「思ったよりキレイ」
 理沙が素直な感想を述べたが、中は壁も床もきちんと磨かれ、冷たい風も入ってこない。
「では、失礼いたします」
 全員中へと入ったことを確認すると、男たちは恭しく頭を下げてから扉を閉め、部屋を出て行く。
 扉はやけに重そうに閉まり、それから少ししてごとり、と音がした。
「今……鍵、かけたよな?」
 祥太郎の呟きに、皆はっとなる。
「そういえば……」
 理沙がすぐに扉へと近づき動かしてみるが、びくともしない。
「開かないです!」
「どういうことだ? 閉じ込められたってことか? 何で?」
「いや、俺に聞かれても……」
 困惑した表情でこめかみを掻く才に、祥太郎は畳み掛ける。
「ちょっと俺、外見てくる。この状況じゃ能力使用NGって言わないよな?」
「……ま、仕方ないな」
「よし」
 答えを聞くが早いか、彼は意識を集中する。――が、その表情はすぐに曇った。
「……あれ?」
「どうした?」
「転移できねぇ」
 自身だけではなく、試しに他のものに意識を向けてみても、全く動く気配がない。こんな経験は初めてのことだった。
「あの、あたしも能力使用します!」
「あ、ああ――頼むよ」
 理沙も挙手と共に宣言してから、自らの手に意識を集中し、力を込めて扉を叩く。
 通常なら、扉どころか家ごと崩れる――はずなのだが。
「全然何ともない……」
 何度叩いても、扉だけではなく壁も床も、何の影響も受けていないように思える。顔を向けると、マリーと遠子も首を横に振った。それから視線は自然と一方向へ集まる。
 そこには青ざめる才の顔があった。
「……ダメだ。強制終了できねぇ」
「一体これって、どういうことなんだよ!?」
「だから俺に聞かれてもわかんねーって!」
「二人とも、落ち着いて」
 遠子の声も、普段よりは幾分硬い。
「考えられる可能性が一つ、あると思わない?」
 その言葉で、祥太郎以外の全員が、顔を見合わせた。一人事態が飲み込めない彼は、呆然とそれを眺めている。
「じゃあ、ここってもしかして――」
 理沙の言葉を引き継ぐようにして、マリーが言った。
「……異世界」

 目次