よるべなき侵略者

 『それ』は暗闇の中、もぞりと体を動かした。
 長い間ここにいる気がするが、いつからかはわからない。ずっと昔からなのかもしれないし、もしかしたらたった今、始まったことなのかもしれなかった。
 いずれにしろ緩慢に流れ出した時は、次第にそのスピードを速めていく。やや遅れて澄み始めた意識は、遠くからやってくる小さな振動を捕捉した。
 情報のかけらは試行錯誤を経て組み合わせられ、やがて言葉になる。

 ――こえ。

 それはどこかから引き出された記憶。

 ――ざわざわ、こえがする。

 かつて聞いたはずの風がそよぐ音とも、雨がはじける音とも違う、騒々しく弾ける音。
 不安とも憧憬ともとれるさざなみが内側で湧き起こった。その揺らめきはさぁっと体中に広がり、やがて細やかな輝きを映し出す。

 ――ひかり。

 とても遠くにも、ごく近くにあるようにも見える、微かな光。
 『それ』は、そちらへと向かって手を伸ばした。

 ◆

「雷火御前の話だけれどもね」
 いつものように皆がミーティングルームでくつろいでいると、やってきたマスターがぽつりと言った。
 やけに静かになった部屋の中、目が合ってしまったために祥太郎は仕方なく口を開く。
「ライカゴゼン? ああ、ええーっと――そうそう、定食の話でしたっけ」
「違うよ、君たちが捕まえてきた能力者だよ」
「ああ、あの200歳のBBAか!」
「記念すべきライトニング――」
「リサ、もうそれはいいわ」
「私もどこのお店の話かなって思ってたの」
 急激に活気が戻った部屋に、マスターは大きく溜め息をついた。
「実際は150年生きているという話だが」
「そっちにサバ読むの? 意味わかんねー」
「だって150年なんて、まだまだひよっこじゃない?」
 げらげらと笑う才に、遠子がおっとりと言う。ぽかんとした顔を見て、彼女はくすくすと笑った。
「もっと長生きしている魔女なんてざらにいるから、きっと見栄を張りたかったのね」
「そういや俺たちのこと、こわっぱとか言ってバカにしてたっけ」
 二人の会話を聞きながらマスターはまた溜め息をつくと、空いていたソファーに腰を下ろして眼鏡を外し、ポケットから出した布で拭う。
「彼女は色々と悪さをしていてね。服役中の身だったんだが、偶然現れた『ゲート』に逃げ込んでしまい、異界捜査部が行方を追っていたらしい。お手柄の君たちに、異種技能省が感謝状を贈りたいと言ってきたよ」
「異種技能省から感謝状!? ホントですか!?」
 しかしそれを聞いて興奮したのは祥太郎だけだった。周囲の温度は再び急降下する。
「……俺、いらないです」
「わたしも謹んで辞退させていただくわ」
「あの、あたしも特には……」
「え、なんでなんで!?」
 異種技能省は能力者を束ねる国家機関であり、多くの能力者が憧れる組織だ。そこから感謝状が贈られるというのに、皆が乗り気ではないことに彼は納得がいかない。
「まあ、そう言うと思って丁重に断っておいた。――そうだ、それからもう一つ」
 しかし抗議する間もなく、話題はあっさりと終了してしまう。
「シミュレーターの損害分、全員の給料から引いておくから」
「えええええっ!」
 ざわつく一同を差し置き、マスターが部屋から出て行こうとした時のことだった。

 ジリリリリリリリリリリリッッッッッッッッ!!!!!

 けたたましいベルの音が突然鳴り響く。
 皆一瞬にして表情を引き締め、周囲を見回した。
「……あ、ごめん。俺のアラーム」
 そんな中のんびりと、才が『コンダクター』をいじり始める。
「またかよ! 更新忘れ多すぎだろ!」
「アラーム音ちょくちょく変えるせいで全然慣れないからやめて!」
「だって慣れちゃうと危機感なくなるしさ」
「そもそも危機感あるなら更新を忘れないんじゃ……?」
「せっかくの才能も、使い方次第なのねぇ」
「えっと……」
 祥太郎とマリーに続き、理沙と遠子にもひそひそとやられる中、再び意識を集中する才。
「――これはやべぇ。新規の『ゲート』が来る!」
 それを聞き、彼以外の者の表情もすぐに真剣なものへと変わった。
「いつだね? 場所は?」
「20分後くらいっすね。エリア30のあたり」
「ぎりぎりかもしれんな。君たちも来てくれ」
 言ってマスターは、急いで部屋を出る。皆もその背中を追った。
「新規の場合はどうすればいいんだ?」
「この前のこと覚えてるでしょ? 現れてすぐの『ゲート』は不安定だから、まずは他の場所へ移ってしまわないように、繋ぎとめなきゃならないの」
 マリーの話を聞き、祥太郎の頭に、先日やっとのことで潜り抜けてきた『ゲート』のことが思い出される。
 その間にもゲートルームはぐんぐんと近づいてきていた。しかしあの扉だらけの部屋と、空のシミのようにぽつんとあった『ゲート』が、いまいちしっかりと結びつかない。
「それで、誰がつなぎとめるんだ?」
「私だよ」
 さらに口から出た疑問には、低く穏やかな声が返ってくる。
 そしてマスターは、不敵な笑みを浮かべてみせた。

 ◆

 ――ざわざわ、こえ。ざわざわ。

 複数の声のやり取り。それはとても賑やかだった。
 賑やかで、でも緊張していて、不穏な輝きも放っている。

 ――たくさんのそんざい、いっしょにいてもばらばら。

 声のやり取りは硬いものを叩くような音と共に近づいてくる。
 不規則な響きは『それ』の中に眠る緊張や恐怖をも呼び起こし、しきりに煽り立てた。

 ――いやだいやだ。あらそいはいやだ。

 『それ』は考えることをやめ、さらに強くなった光に向かって泳ぐように突き進む。

 ――みんなみーんな、おんなじになればいいのに。

 ◆

 何度か情報の再確認をしつつ、たどり着いたエリア30の一室。
「あった!」
 片隅には、明らかに異質な黒い点が浮かんでいた。それは蠢きながらも大きくなっているように見える。
「まだ現出直後のようだ。――捕縛する」
 マスターは言うと足を踏みしめて立ち、両手で素早く印を結んでいく。
「失・翼・如・鷲――!」
 それを見て慌てて散り始める一同。
「危ないから祥太郎さんも伏せてください!」
「え、どういう――」
 一人あたふたしていた祥太郎も理沙に強く手を引かれ、体を低くさせられた。
「お互いの術が干渉して『ゲート』に影響するといけないから、結界は張れないのよ」
 壁の窪みに身を隠すようにしながら言うマリー。
 マスターが大きく息を吸った。緊張感が一際大きくなる中、右手が力強く突き出される。
「無相捕縛楔!」
 指から放たれた無数の風が『ゲート』の周囲に叩きつけられた。跳ね返ったものは突風となり、あたりへと吹き荒れる。
 皆が耐えながら見守る中、点から小さなシミほどの大きさとなっていた『ゲート』の姿は、薄い膜がかかったようにぼやけ始めた。そしてそれは段々と、ドアの形へ変わっていく。
「すげぇ……」
 ようやく収まり始めた風の中呟いた祥太郎に、遠子が言った。
「これがマスター――『マスター・オブ・ゲートキーパー』の力」
 しかし、モノトーンのシンプルなデザインのドアがまさに完成しようとしたその時――何かが隙間から飛び出してきた。
「ひゃっ!」
 それは、ちょうど柱の陰から体を出したマリーへと直撃する。軽い破裂音と同時に立ち込めた煙により、視界は一瞬にして真っ白になった。
「マリー君!」
「マリーちゃん、大丈夫!?」
 煙を掻き分けながら、すぐにマスターと理沙が駆け寄る。
「いたた……」
 そして腰をさすりながら立ち上がったマリーを見て、言葉を失った。
 白煙が次第に晴れ、その理由が他の者にも明らかになっていく。
「大丈夫、少しぶつけただけだから。大したことないわ」
 しかし未だ引きつった表情のままの一同に、マリーは首をかしげた。
「ま、まりーちゃん……」
「ごめんね。このままだと先に進めないから、深呼吸してから見てね」
 何も言えない理沙に代わり、遠子が取り出した小ぶりの鏡をマリーへと差し出す。彼女は不審に感じながらもそれを受け取り、覗いてみた。
 そこには、天井が写し出されている。
 何かがおかしいと思い、よく目を凝らすと、鏡の中、黒い線が動いた。鏡を左右に動かし、自らの顔を映そうと試みる。そこには黒い線が円くつながっていた。首元にも線、肩にも線、体も一本の太い線、足も線。
 ――棒人間である。落書きでよく描かれるアレである。
「わ、わたし……?」
 マリーは鏡を持っていないほうの手をじっと眺めた。やはりそこにも指も手のひらもなく、ただ黒い線がふるふると揺れている。
「ち、違うわよね……? これ、わたしじゃないわよね……?」
 顔を上げると、仲間たちの同情するような視線。
 それが、現実をはっきりと物語っていた。
「い、いや――」
 マリーはじり、と後ずさる。
「いやぁぁぁぁっっっ!!!! こんな没個性な存在になるのはいやぁぁぁぁっっ!!!」
 そして止める間もなく、泣きながらゲートルームを出ていった。
「マリー君! ――皆、追うぞ!」
 マスターの声に、一同は慌てて後を追う。

 長い廊下を走り、休憩室のあたりまで差し掛かったが、マリーの姿は全く見当たらない。よほどの勢いで走っていったのか、それともどこかに身を隠したのか、迷うところだった。
「大爆笑してあげたほうが良かったのかしら」
「遠子さん、鬼ですか」
「でもね、そういうので気持ちが救われることってあるじゃない?」
 真面目な顔でぶつぶつと言っている遠子は放っておくことにし、祥太郎は休憩所のゴミ箱や自販機の取り出し口まで手当たり次第に覗き込む。
「マリー! どこだー!」
「お前も十分ひでーだろ」
「でもさー、今のあの姿だったら、どこに潜んでるかわかんないじゃんか。マリー!」
 そうしてコイン投入口まで見始めた祥太郎も離脱。
 残った三人は居住区まで戻り、そちらを捜索するために足を速めた。
「マリー君がああなった原因も気になるところだ。とりあえずゲートに異常はなさそうだったが、捕縛が完了する直前に、何者かが侵入してきたということだろう」
「そいつはどこ行っちゃったんですかね?」
「あるいは、マリー君と同化してしまったとか」
「じゃあ、そいつも棒人間ってことか……」
「可能性はあるね」
「あれ、理沙ちゃんは?」
 マスターと才が話し込んでいる間に、理沙の姿が見当たらなくなっている。
 振り返ると、彼女は後方で立ち止まり、何かを覗き込んでいるようだった。
「理沙ちゃん!」
 才が声をかけると、彼女は顔を上げ、すぐにこちらへとやってくる。
「ごめんなさい! ちょっと気になっちゃって」
 彼女のいたほうを見ると、そこにも自販機が備え付けられていた。
「理沙ちゃん祥太郎に毒されすぎ。あのマリーちゃんが自販機の中なんか入るわけないだろ?」
「だって、あの姿をあんなに恥ずかしがって逃げ出しちゃったんですよ!? 自販機の中くらいは入っちゃうかもって思って……」
「いや、でもさ……まあ、そういうこともあるの……かな?」
 泣きながら走り去った彼女の姿を改めて思い出すと、その説も説得力が増してくる気がして、才の自信が揺らぎ始める。
「いやいやいやいや」
 このまま自販機方向に向かいそうだった会話を慌ててマスターが遮った。
「まずはもう少し普通に考えてみよう。まだ普段よく行く部屋ですら探してないんだからね」
「そ、そうっすよね!」
「はい……とにかく急いで探しましょう!」
 気を取り直し、思い当たるところは片っ端から行ってみたのだが、やはり彼女は見つからない。
「まさか、外に出ちゃったとか……?」
 理沙が窓の外を見て言った。アパート内でも十分な広さがあるのに、そうなると厄介だ。
「警備班にマリー君の反応を追ってもらったんだが、どうやらゲートルームから出た形跡がないようでね」
「出てないって……でも、確かに飛び出したのは見ましたよね? あっ、こっそりゲートルームに隠れてるとか?」
「いや」
 しかしマスターは首を振る。
「ゲートルームで消失し、それきりどこにも出ていないということらしい」
「それって……まさか異世界に行っちゃったってことですか?」
「その可能性も考えられっけど、もしかしたらあの姿になっちまったことが関係してるんじゃねーかな」
 才が口を挟むと、マスターも頷く。
「私もそうではないかと考えている。……とにかくもう一度アパート内を中心に、外に出たことも考慮しながら探そう。今、他のスタッフにも応援を要請した」
「はい、絶対見つけ出しましょうね!」
 意気込む理沙の隣で、才は小さく溜め息をついた。
「しっかしサボ太郎の野郎どこ行きやがったんだ。使えねーな」
「誰が使えないって?」
 突然の声にそちらを向けば、空間転移してきた祥太郎と遠子の姿。
「マリーちゃん、休憩室の自動販売機と壁の隙間に隠れてたのを見つけて二人で追い込んだんだけどね、逃げられちゃって」
「マジで自販機にいたのかよ……」
「そーゆーこと、だからお前よりもしっかり仕事はしてましたー」
「でも祥太郎くん、逃げられたんだから結果としては同じじゃない? マリーちゃんぺらっぺらだからいつもよりも素早いし、隙間に逃げられちゃうし、突然空中を舞うしで掴まえにくくて」
「マリーちゃん……」
 まるであの黒い虫のような扱いに、涙を禁じえない理沙。
 思わず逸らした視線の先、廊下の角からこちらを見ている影――いや、線を見つける。
「あっ、あそこに!」
 しかし次の瞬間には、すでに姿を消していた。急いで角を曲がると、その少し先には大きな扉。
「テストルームの中に入ったようだ。行こう」
 マスターが皆を促す。そこは以前、祥太郎が能力の試験を受けた部屋だった。
「マリー君!」
 ドアへと走り寄り、一気に突入する。
「いたぞ!」
 だが――。
「二人……?」
「いや、あっちの隅にも!」
「あっちにもいるみたいね」
「棒人間が――五体!?」
 広いドーム状の部屋の中に紛れるようにして佇んでいた棒人間は、一体ではなかった。
「み、みんな!」
「助けて!」
「いつの間にかこいつらも来てて」
「なんとかして!」
「なにこれ!? なんなの!?」
 そして一斉に喋り始める棒人間。
「どういうことなんでしょうか……」
 その有様を見て、理沙がうなる。
「マリーちゃん、本当にこの中にいるのかな」
 すると棒人間たちは、また一斉に騒ぎ立て始めた。
「わたしがマリーよ!」
「何言ってるの、わたしがマリーなんだから!」
「嘘、嘘よ嘘! わたしがマリーなの!」
「わたしが本物のマリーだってば!」
「騙されないで! わたしが本物なの! 信じて!」
「だからどういうことなんだよ!?」
 今度は祥太郎が頭を抱える。
「どれかが本物のマリーで、他はそれをマネしてるってことなのか……?」
「じゃあ、最初に発言したのが本物のマリーちゃんじゃないでしょうか?」
「そうとも言えないかも」
 遠子が腕を組み、五体の棒人間を眺める。
「どういう反応をするか予測がつけば、真っ先に動くこともできるから。あとね、どれが最初に発言したとか、わかる?」
「た、確かに……あっ」
 理沙は頷きかけ、それから何かに気づいたように顔を上げた。
「本物のマリーちゃん! 急いでこっちに来て!」
「今――あら?」
「走ろうとしてるんだけど……」
「な、なんでかしら、体が動かないの!」
「助けて!」
「もういやぁぁぁっっっ!」
 それから発した呼びかけにも、返ってきたのは言葉だけ。
「これは、思ったよりも状況が深刻かもしれん」
「どういうことですか? マスター。そうだ才、こういう時こそお前の予知能力だろ!」
「いやムリ。さっきから棒人間しか視えねーし」
「恐らくマリー君と彼の者との同化が進んでいるのだと思う。体が上手く動かせないのもそのためだろう」
「いやぁぁぁっっっ! 何とかしてぇぇぇぇ!!」
「助けて! どうにかして、お願い!」
「こんな姿のままなんて――!」
「うわぁぁぁぁん!!!!」
「元に戻りたいぃぃぃ!」
「どうしよう! このままマリーちゃん、棒人間さんになっちゃうんですか!?」
 理沙が両手で頭をかきむしった後、ぽんと手を叩いて顔を上げる。
「こうなったら全員まとめてぶっ飛ばして身動き取れなくさせて、それから考えるっていうのはどうでしょう!?」
「ちょ、ちょっと落ち着いてくれよ理沙ちゃん!」
「いや才、いい案かもしれないぞ?」
「祥太郎君、待ちたまえ!」
 マスターの制止を振り切り、祥太郎は意識を集中させる。
 五体それぞれの場所にいる棒人間は、一箇所に集められる――はずだった。
「くっ!?」
 しかし、目的の場所に背中を叩きつけられたのは、祥太郎自身。
「大丈夫かね?」
「いてて……何とか」
 衝撃でもがく彼を助け起こしながら、マスターは息を吐いた。
「だから言っただろう。力を跳ね返されただけのようだから良かったが、君まであの中に混じってしまったら困るよ」
「すいません」
「身動きは取れないが、会話は出来る――か」
 しばらく棒人間たちを眺めながら考えていた才がそこで口を開く。
「質問するっていうのはどうだろう? マリーちゃんしか知らないようなことを」
「なるほど!」
 理沙は表情を明るくし、すぐに質問を生み出した。
「じゃあ棒――マリーちゃん、この前友達になった巫女さんの名前は?」
「ニコでしょ」
「ニコよ!」
「ニコ」
「二コだわ」
「ニコ!」
「全員正解……!?」
「それなら、ジョルジュ・ディーの新作発表が行なわれるのは、今年の何月何日?」
 愕然とした理沙に代わり、今度は遠子が質問をする。
「未定」
「決まってないはずよ」
「まだ発表されてない」
「未定だったと思うわ」
「未定ね」
 答えを聞き、彼女は肩をすくめる。
「ちょっとした引っ掛けのつもりだったんだけど、ダメみたいね」
「記憶も吸い取られてきているということか……では、もっと昔のことならばどうだろう。マリー君がこのアパートに来た時、最初に発した言葉は?」
 次の質問者はマスター。
「ごきげんよう、だったかしら」
「はじめまして、だったわ」
「よろしくお願いします、よ」
「そんなの覚えてない!」
「覚えてるわけないでしょ!」
 これに返ってきた答えは様々だった。
「今度は分かれたぞ! マスター、答えは?」
 問いかける祥太郎に返ってきたのは、曖昧な笑顔。
「……いやー、私も覚えてなくてね」
「そんなの質問してどうするんすか!?」
「こうなったら……」
「遠子さん、何か別の策でも?」
「とりあえず全員まとめて」
「それはさっき理沙ちゃんが言いました!」
「いえ、何とかして『ゲート』に追い込んで、異世界に強制送還するの。どれかが本物のマリーちゃんなら、自力で帰ってくるかも」
「正気ですか!?」
「記憶――知識。リアクション……」
 再び考え込み、独り言を呟いていた才が、はっと顔を上げる。皆の注目が集まった。
「よし」
 そして彼の視線が、棒人間たちに突き刺さる。
「マリーちゃんの、今日のパンツの色は?」
 一瞬の沈黙。
「ぱ……パンツ? 教えられるわけないじゃない!」
「こ、こんな時になんてこと言うの!?」
「……し、白……」
「ひ、ひどい……」
 それぞれの反応。そして。
「…………」
 その中に一体、無言でたたずんでいる棒人間がいた。
 背景が透けて見えるだけのその顔から、冷ややかにこちらを見る表情がありありと浮かんでくるかのようだった。
「そいつが、本物のマリーちゃんだ!」
 才がびしっと指をさす。残り四体の棒人間が、明らかにうろたえた。
「な、なんでわかったっピ!」
「いくらマリーちゃんから情報を盗み出し、真似したとしても、俺たちの関係性まではコピーできなかったようだな!」
「関係性……」
「そうだ、それは付け焼刃じゃどうにもならねぇ、人同士の交流によって積み上げられたもの、言ってみれば歴史のようなモンだ。所詮ニセモノはどこまでいってもニセモノなんだよ!」
「ニセモノ……っピ」
 よほどその言葉がショックだったのか、四体の棒人間はがくんと地面に膝を落とす。その輪郭がぼやけ始め、一つへと集まった。
 残りの一体は白い煙を纏いながら、マリーの姿へと戻っていく。
「ま、負けたっピ……完敗だっピ……」
 うなだれる棒人間。
 テストルームの中には、才の笑い声が高らかに響いた。

 ◇

 翌日。
「おはようございます! いやー、今日もいい天気っすね」
 才が明るくミーティングルームへと入ってくると、先に部屋にいた皆の会話がぴたりと止む。
「ど、どしたの? みんな」
 そして顔を寄せ、戸惑う彼を時折横目で見ながら、小声で話し始めた。
「ひそひそ」
「ひそひそ」
「ひそひそ」
「ひそひそ」
「ひそひそ」
「何? これどういうこと? 嫌だなぁ、マスターまで混じっちゃって冗談きつい」
「ひそひそひそ」
「ひそひそひそ」
「ひそひそひそ」
「ひそひそひそ」
「ひそひそひそ」
 しかし、ひそひそと言う声は止む気配がない。
「ひそひそひそッピ」
「ちょ、棒人間、お前ちゃっかり混ざりやがって、お前だって当事者だろ!?」
「師匠、ゆるせっピ。長い物には巻かれるっピ」
「誰が師匠だ誰が!?」
「ひ、ひそひそひそッピ」
「ひそひそひそ」
「ひそひそひそひそ」
「ひそひそひそひそひそ」
「ひそひそひそひそひそひそ」
「ひそひそひそひそひそひそひそ」
「うわぁぁぁぁん! やめて! みんなでひそひそ言わないで! いじめだ! パワハラだ! ブラック・アパートだ!」
 才はちょっとの間、干された。

 目次