騎士と姫君(前編)

「師匠、肩お揉みしましょうかっピ?」
「だから師匠じゃねーっつーのに!」
「ししょおー!」
「師匠って呼ぶんじゃねー! そしてうっとーしいからついてくんな!」
「いいじゃんか才、そんなお前でも尊敬してくれるヤツに出会えてさ」
「てめ祥太郎、他人事だと思って好きなこと言いやがって!」
「でも、結構いいコンビかも?」
「理沙ちゃんまでー!」
 いつものごとく騒がしいミーティングルームをちらと眺め、マスターは再び歩き出す。いくつか部屋を覗いた後、ロビーのカフェに目的の姿を見つけ、そちらへと向かった。
「あらマスター」
 遠子が先にこちらへと気づき、笑顔を見せる。
「マスターも紅茶いかが?」
「……いただこうか」
 少し迷ってから答えると、窓の外を眺めながら紅茶を飲んでいたマリーが振り返らずに言った。
「棒人間のことでしょう? わたしは構いませんわ」
 マスターは微笑み、隣の椅子へと腰掛ける。同じように外を見れば、雲の切れ間から差し込む光が庭の木々を輝かせていた。
「マリー君が一番の被害者だしね」
「今はサイじゃないかしら」
「だけどあれはあれで楽しそうよ。……はい、どうぞ」
 戻ってきた遠子が、テーブルに置いたカップへと紅茶を注ぐ。
「ありがとう」
「そもそも、わたしに決める権限なんてないもの。帰れないんでしょう?」
「ああ」
 マスターは頷き、カップに口をつけた。
 事件が一段落した後、ゲートルームへと戻ってみると、棒人間が通ってきたはずの『ゲート』は扉ごと消えていた。原因は調査中だが、捕縛中に無理矢理出てきてしまったということも影響したと思われる。
「こうやって無事、元の姿に戻れましたし、どうぞお気になさらず」
「マリーちゃん、懐が深いのね。……そうだ、懐といえば、これを機に借金チャラにしてもらっちゃえば?」
「トーコ、せっかくいい話でまとまりかけているのに、そうやって生々しくするのやめていただけない?」
「そうだね、半額くらいなら……」
「ま、マスター、ほ、本当ですの?」
 その時、表で何かが光を放った。皆一斉にそちらを向く。
 ――人だった。
 陽光を反射したのは、身につけた銀色の鎧だった。その滑らかな表面には点々と赤黒い染みが落ちているのが見える。よろよろと頼りなく動いていた体が、ふいに沈み込んだ。
「誰か倒れたぞ!」
「酷い怪我です!」
 ちょうどやって来ていた祥太郎たちが、それを見てざわめく。マスターは振り返って素早く言った。
「理沙君、ドクターを呼んできてくれ! 祥太郎君は怪我人をこちらに!」
「はい!」
「了解!」
 それから残った三人でテーブルクロスを集め、折りたたんで簡易的なベッドを作り上げる。祥太郎は慎重に、その上へと怪我人を転移させた。
 鎧に身を包んだ女は荒い呼吸を繰り返し、時折うわ言のように何かを呟いている。汗と血が混じりあい、白いテーブルクロスを紅に染めていく。
「……これ、弾痕じゃない?」
 体の向きを整えていた遠子が言った。鎧の表面に、小さく穿たれた穴が何箇所もある。そのいくつかは隙間を縫い、皮膚を貫いていた。
「応急処置をしましょう」
 彼女は言うと、腰に提げたポーチをまさぐり始める。
「ドクター連れてきました!」
 その時、理沙の声が背後でした。駆け寄る彼女に続き、やたらと重い足音があたりに響く。
「何かすごい武装した人が来ましたよ!」
「武装ではない。白衣だ」
 異様な姿に驚く祥太郎に、ヘルメット越しのくぐもった声が返ってくる。しかし甲冑とも呼べるようなその装備は、白いという以外はとても白衣の条件を満たしているとは思えない。
「ドクター徳田だよ」
「ドクター? 俺スタッフの皆さんにそれなりに挨拶したと思うんですが、会った覚えがないんですけど」
 彼がマスターの言葉に首をかしげていると、機械音と共にヘルメットが上がり、表情に乏しい青年の顔が出てきた。
「当然だ。ドクターは怪我や病気の際に出動するものだからな」
「怪我も病気もそれなりにあったような……」
「些細なことは気にするな少年」
「あっ、俺は伊村祥太郎といいます」
「そうか。私はドクターだ、転移少年。様々な呼び方をされるのも面倒だからドクターとだけ覚えてもらえれば良い。とにかくまずは患者だ」
 すると、突如うなるような悲鳴と、激しく咳き込む音がした。ドクターはがしゃんがしゃんと騒がしい音を立てながら、女の元へと駆け寄る。
「……あの人、大丈夫なんですか?」
「腕は確かなんだよ。独自の研究に没頭しすぎるきらいはあるが」
「ふむ。命に別状はなさそうだが、酷い顔色だ」
 ドクターが診察を始めたので、ひそひそとやっていた祥太郎とマスターも口をつぐんだ。
「傷口もふさがってきている。――何だこの緑色の液体は」
 彼はそれを指先ですくうとにおいを嗅ぎ、顔をしかめる。
「貴様か、薬師」
 すると隣で見守っていた遠子が、ふわりと笑った。
「ひどい状態だったから、応急処置しておかなきゃと思って」
「ふん、また患者を癒す楽しみを奪いおって」
「命が先決でしょう?」
「ふむ、正論だな。それにまだ治療は必要だ。このスープの薬効は目覚しいものがあるが、不味すぎて大量摂取が難しいという欠点がある。とりあえずこれは必要なくなった」
 ドクターは突然、背中に結びつけた鞘から剣を抜き出して放り投げる。
「あ、それ注射器なんだ――ってあぶねっ!」
「うわぁっ!?」
「ひょげぇぇぇぇぇぇぇっっっ!!!」
 慌てて自らを転移させる祥太郎。背後にいつの間にか来ていた才が頭を抱えてしゃがみこむと、飛んできた注射器はさらにその後ろにいた棒人間へと直撃する。
 その様子に、皆が一瞬気を取られていた時のことだった。
「動くな!」
 聞き覚えのない声に視線を戻すと、倒れていたはずの女が遠子の体を抱え込み、首筋に刃物を突きつけている。腕の部分に仕込まれていたようだ。
「やめるのだ患者。まだそんなことが出来る状態ではない」
「そうそう、お医者さんの言うことは聞いたほうがいいわ」
「嘘をつくな! このように武具で身を固めた医者がいるか! 貴様ら、イディスの間者であろう!」
「イディスっつーのが何かは知らないけど、ドクターは確かに怪しいよな……」
「転移少年、君はどちらの味方なのだ?」
「いいか? そのまま動くなよ?」
 このような事態になっても全く緊迫感のない一同に、かえって女の表情のほうが硬くなる。彼女は遠子を抱えたままアパートの出口へと向かい、じりじりと後退していく。
 祥太郎がマスターへ目配せをしたその時――ぱちん、と軽やかな音がした。
「――なっ」
 女の首が突然かくん、と傾く。目蓋は抵抗も虚しく重たく閉じていき、体もバランスを崩していく。やがて女は逆に遠子に抱えられる形で、安らかな寝息を立て始めた。
「ふふ、特製の薬草スープには、体を休ませる効果もあるから」
 遠子は支えていた体を、ドクターの白衣から生えてきた担架にそっと乗せる。
「何でも特製ってつければ良いってものでもないわよね」
「俺もあんなの飲まされたのか……えげつねぇ」
 ぽつりと言ったマリーに頷く祥太郎。その隣でしばらく考えを巡らせていたマスターは、表情を引き締めた。
「皆、聞いてくれ。これよりプランBに移行する。――才君は至急コントロールルームへ。ドクターと遠子君は怪我人を頼む。彼女が話せる状態になったら連絡を。マリー君、理沙君、祥太郎君は外へ向かってくれ。詳細は随時『コンダクター』で知らせる」
 皆それぞれに了承の意を示し、素早くその場を離れる。
 祥太郎も大分こういう事態には慣れてきた。とりあえず、理沙とマリーの後に続いて外へと出る。
 マスターは自らもコントロールルームへと急ぎながら、『コンダクター』に手を触れた。
『ハロハロー?』
 呼びかけに返ってきたのは、陽気な女の声。
「申し訳ないが緊急事態だ。手伝って欲しい」

 ◆

 街は奇妙に静まり返っていた。
 元々『アパート』の周辺は住宅街で、それほど人通りが多い訳でもなかったが、それにしても今日は誰一人として歩いている姿を見かけない。電柱の上に設置されたスピーカーからはテンポの速いクラシック曲が流れている。
「あのさ、『プランB』って何?」
 きょろきょろと周囲を見回しながら祥太郎が問うと、理沙から答えが返ってきた。
「街の中で戦いが起こるかもしれないから、そのつもりでってことですね」
「へぇー……じゃあこの曲も、避難警報みたいなもん?」
「避難というよりも、『プランC』に移行する可能性もあるから、待機という方が正確ね」
 マリーが横から補足する。
「『プランC』ってのは?」
「このエリア一丸となっての迎撃」
「ん?」
 そこまですらすらと進んでいたはずの祥太郎の理解が、一瞬止まった。
「だって、この辺りって一般人も住んでるわけだろ?」
「住んでないですよ」
「えっ?」
「えっ、じゃないわよ。あんなに『ゲート』がぽこぽこ生まれる周辺に一般人が住んでたら危ないじゃない。もちろん『アパート』内で抑えられるように対策は取られているけれど、そこから漏れてしまうケースにも対応できなければならないし」
「じゃあ、向かいに住んでるミクちゃんとか、佐竹さんとか」
「だからあの人たちもスタッフなんだってば」
「えええええええっっっ!?」
 思わず上げた大声に割り込むようにして、『コンダクター』が鳴る。マスターからの連絡だった。
『やはりゲートがアパート外に発生していた。怪我人の女性と敵対する者もこちらに来ていると思われる。ザラ君に応援を頼んだから、つるみやで合流してくれ』
「ザラがこちらに?」
 マリーがそれを聞き目を見開く。
『ああ。私的な滞在だったのだが、緊急事態なのでね』
「かしこまりました。わたし達としても助かりますわ」
『では、また連絡する』
「ザラって?」
 また新たな単語の登場に、つい前のめりになって問う祥太郎。
「他の『アパート』の住人さんなんです」
「えっ、『アパート』ってここ以外にもあんの!?」
「そういえば話す機会なかったでしたっけ」
「ショータローもそろそろ自分で調べるくらいしなさいよ」
「調べたらきっと頭がパンクするからやだ……」
 今でもすでに混乱気味の彼の前に、待ち合わせ場所が見えてくる。
 『つるみや』と筆文字で書かれた古めかしい看板がかけられた和菓子屋の前は何度も通ったことがあるし、マスターに頼まれて饅頭や羊羹を買ったこともあった。あの人の好い笑顔の老婆も実は『アパート』のスタッフなのだと思うと、何だか薄ら寒くなってくる。
 閉じたシャッターの前には、褐色の肌に銀の長い髪を持つ女が立っていた。露出の多い派手な服はステージに立つダンサーのようで、住宅街にぽつりとある和菓子屋の軒先にはあまりそぐわない。
「ザラ!」
 マリーが声をかけると、彼女は顔を上げる。こちらへと向けられた緑の瞳がぱっと明るくなった。
「ハーイ、チビッコ! リサも、ひさびさネ!」
 手を振る仕草も、どこか観客に応えるスターのようだ。
「ザラさん、お久しぶりです! こちらは、新しく入った祥太郎さんです」
「あ、どうも」
 理沙に紹介され、祥太郎も軽く頭を下げる。
「コンニチワ! ワタシ、ザラね。ショタロ? よろしくネ!」
「よ、よろしくです」
 すると満面の笑みで手を握られ、ぶんぶんと振り回された。それに気恥ずかしさを感じてじっとしていると、突然ぱっと手を離されてよろける。
「チビッコ、前よりちょびっと大きくなったネ!」
 今度は手のひらを上下に動かしだしたザラに、マリーはぷっと頬を膨らませた。
「ザラ、わたしをちびっこ扱いするのはもうやめてくれる?」
「Oh、それは失礼ツカマツリね。じゃあ、ステキなレディになったところ、タプリ見せてもらうから楽しみよ!」
「そういえばザラ。プライベートでこっちに来てたって聞いたけれど」
「ソー。ま、大したことないヤボヨーね。バカンスよ」
「バカンスって……この街で?」
 思わず口を挟んだ祥太郎に、彼女は明るい笑顔で応える。
「ンー、のんびり、ステキなタウンね。ワタシ好きよ。――さ、そろそろ作戦、始まる頃ね。ザラとマリーとリサとショタロのイリュージョン! FuFu~!」
 いつの間に取り出したのか、これも派手なステッキをくるくると回しながら、やたらとハイテンションで走り出すザラ。
 それをしばらくぽかんと眺めた後、三人は慌てて後を追った。

 ◇

「……目が覚めたみたい」
 霞んだ世界が少しずつ像を結んでいく。そこに現れたのは、あの女だった。
 どうやら、夢というわけではなかったらしい。
「調子はどう?」
 激しい痛みは治まっていたが、ひどく重たく、動かすのが億劫だった。緊迫した状況には、この役立たずの体も、目の前の女の穏やかな声も似つかわしくない。
 後からこちらを覗き込んだ男の出で立ちは相変わらず物々しかったが、あの出来事が夢でないならば、もう抵抗することに意味はなさそうだった。
「……ここは」
 声は思ったよりもはっきりと出た。
「日本だな。地球にある。この場所は『ゲートキーパーズ・アパート』と呼ばれている」
 男が言う。聞いたことのない地名だった。
「簡単に言うと、あなたたちがいたのとは全く違う世界ってこと」
 女がさらりと言ったが、言うのは簡単でも、飲み込むのはそうもいかない話だった。頭に霧がかかったような今の状態ならばなおさらだ。
 何度か瞬きを繰り返し、情報を反芻している間、二人は待っていてくれた。
 しかし、どうやってもあの状況の中、自分がこうして生きていることや、ここまでに見た景色、こうして対峙している奇妙な輩のことを納得いくように結論付けることは出来そうにない。
「安心して。私たちは今のところあなたの敵じゃないから。もしあなたのようにこっちに来ちゃった人がいるなら助けなきゃいけないし、場合によっては戦わなきゃいけない。だから知っていることを教えて欲しいの」
 率直な物言いが可笑しかった。だが、だからこそ信用できる気もした。
 ――否、今は他に選択肢などないではないか。
「どうか」
 口にした途端、熱いものが目の奥へとこみ上げて来る。
 それをどうにかして押さえ込み、言葉を続けた。
「……我らが姫を、お救いください」

 目次