いばら姫

 ガキの頃読んだ物語って、強烈な印象として残ってることがある。
 それは、人によって自分がイメージした世界だったり、綺麗なイラストだったり、読み聞かせてもらったセリフだったり、アニメでやってたワンシーンだったりするのかもしれない。
 それって意外と、俺たちの奥の奥のほうに、しっかり染み付いてたりするんじゃないだろうか。

 ◇

 段々と夏らしさが増してきた、とある休日。
 特に予定もなかった俺は、久々に図書館でも行ってみようかと思い立ち、自転車で向かっていた。
 外は湿気も多く、少し動けば汗ばんでくる。
 大して時間もかからずに着く場所ではあるし、少しは風に当たるのも気持ちいいかもしれないと思ったんだが、吹いてくるのはべたべたした空気でしかなく、爽やかさは微塵も感じられない。
 自室で扇風機に当たりながらアイスでも食ってりゃ良かったと、早くも後悔し始めた俺の前に、レンガ造りの建物が見えてきた。
 昔、なんかの建物だったのを改築して図書館にしたらしいんだが、趣があるので地元の住人には割と人気がある場所だ。
 ただ、交通の便もあまり良くないのと、周囲も細い路地が入り組んでいたりするから、場所がわかりづらいのが少しもったいないとは思う。
 本館から少し離れた所にあるスペースに近づき、俺はブレーキをかけて地面へと降り立つ。
 乱雑に並べられている自転車の一つを横にずらし、自分の愛車を隙間に差し込んで一息つくと、俺は図書館の方を眺めた。
 最後に来たのは中学の時だったろうか。何だか懐かしいような気持ちが湧いてくる。
 その頃にはあまり本も読まなくなってたし、勉強という名目で暇つぶしに来ていただけなような気もする。
 足を踏み出すと、サンダルの裏がカラータイルを擦ってじり、と音を立てた。
 立ち込める空気からは、周囲の草むらのにおいがする。もう少し気持ちのいい陽気だったら、外のベンチでも本を読んでる人がいたんだろうけど、みんな中で涼んでいるんだろう。誰の姿も見当たらない。
 近づいてきた入り口にほっとした時、突然目の端を影がよぎり、俺はそちらへと顔を向ける。
 女の子だった。
 金髪とも言える明るい色の髪と、黒く艶やかに日差しを照り返す髪が対照的で目を引く。
 ついそれを追いかけてしまったのは、片方はギャルで片方は大和撫子っぽい組み合わせだったのが興味深かったからとか、顔はよく見えなかったけどどっちも可愛く見えたからとか、髪だけじゃなくすらりとした脚も眩しかったからとかでは決してない。
 明らかに、仲良しな二人が追いかけっこをしている、というような雰囲気ではなかったからだ。
 図書館の脇を回りこみ、気合の入った走りを見せる二人の後を、俺は遅れながらもついていく。バックストラップつきとはいえ、流石にサンダルだとあまり速くは走れない。
 ――いや、前のギャルもサンダルだった。あの高いヒールでよく走れんな。
 俺が感心している間にも、ギャルは時々怯えたような目を後ろに向けながら逃げ続け、大和撫子はそれを追う。
 そのうち細い路地はどんどん入り組んで、立ち並ぶ家やそれを囲う塀が、さっきまで見えてた景色を隠し始めた。
(あれ……?)
 そこで見えたものが、記憶とは大分違っているような気がして、俺は首を捻る。
 しばらくこの辺りには来てなかったし、その間に変わったのかもしれない。でも、やっぱり違和感があった。
 路地というより、木に囲まれた森の道みたいに見えるんだが、この辺りってそんな感じだったっけか?
「きゃっ」
 そんなことをぼんやりと考えている間に、ギャルが小さく声を上げて転んでいた。走るうちに、ヒールが折れてしまったようだ。
 尻餅をつき、怯えた顔で見上げる彼女に、大和撫子はじりじりと近づいていく。手を貸そうという素振りは全く見られない。
 雰囲気から、ギャルが何か仕出かして大和撫子に追っかけられてるのかと思ってたんだが、もしかしたら無実のギャルが大和撫子に虐められているという構図なんだろうか。
 二人とも全く俺の方は気にしてないようなので、声でもかけたほうがいいのかと迷っていた時、ギャルの金髪がふわっと広がった。
 多少の距離があったし、気のせいかと思い、俺はもう一度よく見てみる。
 でも間違いない。風に煽られたとか、何かで結んでいたのが解けたという訳ではない。
 金の髪は自力で重力に逆らうかのように広がり、波打っている。
 ――歌舞伎?
 いやいや違うだろ俺。落ち着け俺。
 その間にも金髪は、蛇が鎌首をもたげるかように持ち上がり、大和撫子に襲い掛かった。
 危ない!
 声も出せないでいる俺の前で、長い金髪は何かに絡め取られ、弾き返される。
 それをしているのは――茨。いつの間にかあたりに張り巡らされたそれが、金髪と押し問答をしていた。
 その現実味のない光景を見ながらも、不思議と俺の中からは、これは夢だとか、幻覚を見ているんだという考えは浮かんでこなかった。それどころか、以前どこかで見たような気さえする。
 それこそ夢の中で、なのかもしれないが。
「ぁっ!」
 その時、手に鋭い痛みが走り、俺は堪らず口の中で声を上げていた。金の髪が当たったのだ。
 ギャルはこっちを見ていないから、偶然なのかもしれない。
 戦況は早くも膠着しているようだった。ギャルと大和撫子、金の髪と茨はにらみ合いを続けたまま、決定打を出せずにいる。
 どうする。――どうすればいい?
 自分も何かしなくちゃと思いながらも、何が出来るかもわからない。そもそも、どっちの味方をすればいいんだろう。
 焦れる心に足下が揺らぎ、じりり、とサンダルが地面を踏みしめる音が、やけに大きく聞こえる。
 上げた顔の先には、こちらを見るギャルの目があった。
 まずい。
 思った途端、金の髪の一房の先が鋭く尖り、飛んでくる。想像以上のスピードに、俺の足は竦んだように動かなかった。
 覚悟を決め、守るように頭を両腕で抱えこむ。
 ――が、衝撃はなかなかやって来ない。
 恐る恐る腕をどけると、渦を巻いた茨が、盾のようになって俺を守ってくれていた。
 俺と大和撫子の目が一瞬だけ合う。
 その表情すらよくわからない間に、彼女の体は傾き、後ろへと倒れこんだ。
 すぐに彼女は体勢を整えたが、隙を狙った金髪が体に絡みつき、その自由を奪ってしまう。
 くそっ、俺はいいように使われたってことか。
 金髪は、そのまま彼女をぎりぎりと締め上げ始めた。苦しそうに声を漏らす主と共に、従う茨もコントロールを失ったかのように滅茶苦茶に動き回る。時折金髪を攻撃しようとするものもあったが、全く効いてないようだった。
「しっかりしろ!」
 今度こそ俺も何かしなきゃと思ったのに、その茨に邪魔されて、近づくことすら出来ない。さっきは、俺を守ってくれたっていうのに、今度は棘であちこち傷だらけだ。
 俺が追ってこなきゃ、あの子はこんな目に合わなくてすんだのかと思うと、悔やんでも悔やみきれなかった。
 あの金髪がダメなら、ギャルのほうを何とかできれば――。
 そう思って、ポケットに入ってた携帯やら財布やらを投げてみるが、そんなのが当たるはずもなく、空しく近くの茨に紛れる。
 もどかしい時間が、どのくらい続いたんだろうか。暴れまわる茨が、少しずつ大人しくなってきた。
 一瞬、もう少し経てば――と思ってしまったが、違うとすぐに気づく。それは、本格的にまずくなった時だ。
 頼む――頼む! 何とかなってくれ!
 何とかってなんなんだよと自分でも思ったが、俺は茨を掻き分けて進むことを試みながら、強く願い続けた。
 それが、本当に届いたんだろうか。
 好き勝手に動いていた茨の動きがぴたりと止まった。ぐったりと落ちたのではなく、空中で静止した状態だ。
 そして、急に訓練された兵士のように統率の取れた動きで、素早く大和撫子を締め上げている金髪に、猛攻撃を始めた。
 ぶちぶちと髪が切れる音が辺りに響き渡り、ギャルは悲鳴を上げると、堪らず髪を解き、引き戻す。
 しかし茨はそれを執拗に追い、ぐるぐると絡み付いて離さない。
 金髪も茨も、お互いに引き合い、まるで巨大な綱を引き合っているかのようだった。
 力と力の駆け引きが続き――唐突に、全部の茨がぱっと髪から離れる。
「あっ」
 力が急に解放され、バランスを崩したギャルは、地面の上に仰向けに転がった。
 彼女は痛そうに呻いたが、すぐに身を起こそうと体をよじる。
 次の瞬間、その体を地面へと縫いとめるかのように、幾つもの棒状のものが周囲へと突き刺さった。
「糸――?」
 それが何なのかはよくわからなかったけれど、その周囲に巻きついているのは、真っ白な糸だということが見て取れる。
 自分の置かれた状況を知ったギャルは、泣きそうな顔で首を小さく振った。
 身動きの取れない彼女の側へ、大和撫子は猫のようにふわりと降り立ち、言葉を紡ぐ。
「おやすみ。――『ラプンツェル』」
 ささやくような声なのに、その甘い響きは、俺の耳にもはっきりと届いた。
 そして、真っ白な糸は一気に膨れ上がり、繭のようにギャルを包み込む。

 辺りが静かになると、そこはやっぱり、ただの路地だった。
 あのギャルは、道に横たわって動かない。俺は急いでそちらへと駆け寄る。
 彼女の、姿がはっきりと確認できるほどに近づいた時、体が安堵にゆるむのが自覚できた。
 体の微かな動きと共に、穏やかな息の音が聞こえたからだ。
 髪の毛は最初に見たのと同じに戻っていて、持ち主が呑気に寝返りを打てば、同じ方向に動く。
 気がつくと、大和撫子の姿は、もう消えていた。

 ◇

 次の日学校へ行っても、俺は昨日のことばかりを考えていた。
「サク、どーした、ぼーっとして?」
 隣の席のタケが、今日何度目かのその言葉を口にする。
「恋かなー」
「だからちげーよ」
 確かに、綺麗な子だったとは思うけど。――多分。
 彼女のことをきちんと見たのは、俺も金髪に襲われたのを守ってもらって、目が合った時の一瞬だけだった。
 大体、あんな状況だったから、色んなことの記憶が曖昧になっている。
 あれから目覚めたギャルを問い詰めたところ、彼女は何も知らないと言い張るばかりか、お前は何を言っているんだという状態で、逆に俺がやばい人扱いで通報されそうになるという理不尽さだ。
 その場を何とか誤魔化しながら逃げてきたけど、彼女は本当に知らないという様子で、嘘をついてるようには見えなかった。
 これじゃ、マジで俺が夢か幻覚でも見てたみたいじゃないか。
 そんなことを思いながら、右手を見る。
 昨日金髪に当たった部分が、痣になっていた。むき出しになっていた腕は茨の棘で引っかき傷だらけになり、仕方がないので、今日は長袖のシャツを着て登校してきている。
「おやすみ……」
 ラプンツェルって、どっかで聞いたことがある気がするんだけど、何だったかな。
「なになに? 誰に言うの、それ」
「あのさ、ラプンツェルって何だっけ?」
 何故か顔を面白くしながら聞いてくるタケの言葉は無視し、俺は質問を返した。
「はっ? ああっと――」
 タケは戸惑いながらも、少し考えてから、また言葉を発する。
「映画でそんなのがあったような」
「映画か……」
 そういえばそうだったかもしれない。が、あんまりしっくりは来ない。
 その時、急に視線を感じたような気がして、俺は教室を見回した。
「どした?」
「うん……いや、なんでもない」
「お前さ、やっぱ今日変だって。マジ大丈夫か? 長袖だし」
「だから、半袖全部洗濯しちまったんだって」
 そんな話をしてる間に次の授業も始まり、結局いつものように、何となく一日は過ぎていく。

 授業が終わると、俺は挨拶もそこそこに学校を飛び出し、そのまま図書館へと向かった。
 もしかしたら、昨日と同じ場所で大和撫子に会えるかもしれないと思ったからだ。あの近所に住んでいるということだってありえるし。
 夕方になってもあんまり涼しくはならなかったが、でも気持ちが昂ぶっているせいか、昨日よりは気にならなかった。
 そこでふと昼間のことを思い出し、俺はポケットから携帯を取り出して、ブラウザのアプリを立ち上げる。
「ラプンツェル……原作は童話か」
 見つかったサイトを見ると、話の概要が乗っていた。『髪長姫』と訳されることもあるようで、それはあの金髪ギャルを思い起こさせる。
 俺は昨日と同じように図書館の脇の道を通り、入り組んだ路地へと入っていく。
 そこには、あの二人を追いかけた時の景色とは違う、俺の元々の記憶に近い光景が広がっていた。
 じゃあ、あの森の中みたいな風景は、何だったんだろうか。
 二つのイメージがごっちゃになってしまい、少し迷ってはしまったが、それでもしばらくうろうろしているうちに、昨日俺が立っていたであろう場所も見つけることが出来た。
 ちょうど俺の背後にあったブロック塀の一部は、少しだけ削れている。
 振り返ると、そこに長い金髪を振り回す女の姿が見えたような気がして、背筋が薄ら寒くなった。
 他にも何かないかと近辺を探してみたものの、これといって目を引くものもない。
 仕方なく、俺は帰路へとつくことにした。
 時間があれば図書館に立ち寄って、ラプンツェルの話でも読んでみようかと思っていたんだが、もうすでに閉館時間を過ぎている。
 まだ明るい空の下、もやもやとした気持ちのまま歩いていると、また誰かに見られているような気がし、俺は周囲に目を向けた。
 ちらほらと見える歩行者や自転車に視線を移していき、やっぱり気のせいかと思いかけた頃、急に動くものがあり、目がそれを捉える。
 女の子――だと思うが、少し先にあるビルの角で、壁に寄りかかるようにして本を読んでいる。本の端からは、ツインテールの先っぽがはみ出していた。
 あれ、どう見ても顔、隠してるよな。
 俺は近くのパン屋をガラス越しに覗くふりをしながら、ちらちらとそいつの様子を窺う。
 やっぱ、向こうもこっちを見てる。
 どうする。流石に一気に近づいたら気づかれるか――。
 でも、近づくことに躊躇する部分も、俺の中にある。昨日みたいな出来事に巻き込まれるのは御免だった。
 不審げな表情でこちらを見るパン屋の店員から目を逸らした時――俺のことを見ていた女が、動く。
 隣に、別の人物がやってきたためだった。
 横を向いていたから、顔はよく見えない。でも、それは昨日も似たようなものだ。
 あの大和撫子に、間違いない。
 ツインテールは彼女を、来た方向へと押し戻した。俺は慌てて走り出し、その後を追う。
 しかし、二人がいた場所に辿り着いた時には、もうその姿は見えなくなっていた。
 細い路地を抜け、大きな通りに出る。
 辺りを見回しても、歩いているのは関係ない人たちばかりだった。

 ◇

 翌日。
 色々考えてしまって寝付けなかった俺は、その日も一日をぼんやりと過ごした。
 当然授業も全く頭に入ってこず、周囲の話にも適当に相槌を打つだけで、何を話したのかもさっぱり覚えていない。
 頭の中では昨日、一昨日と起こったことがひたすら反芻し、でも結局答えは出ないという悪循環に陥っていた。
 何度目かの休み時間になった時、そういえば――と、急に思い出す。
 昨日教室で、視線を感じたような気がしたんだっけ。
 あの時は勘違いかと思い、それで納得したんだが、こう妙なことが続くと、やっぱり何かあるんじゃないかという疑念がむくむくとわき立ってきて、さらに頭の中がごちゃごちゃになってしまう。
 俺は大きくため息をつき、机に突っ伏して、教室で騒いでいるクラスメイトたちを眺めた。
 タケは別の友人と、どこかに行っている。俺のことは、放っておくことにしたらしい。
 ただの恋バナなら、気軽に話せたんだけどなー。話しにくいよな、こんなこと。
 もう一度ため息をつき、今度は窓の方へと顔を向ける。
 お喋りに興じている女子グループの後ろに、一人ぽつんと離れて座る人物。
 そこから、俺の目が動かなくなった。
 立木――下の名前は確か、真奈、だったっけ。
 地味で目立たなくて、いつもああやって一人で本を読んでいる。それは相変わらずだったけれど、気になったのはブックチャームだ。
 ブックカバーは違う色だったが、昨日の女が持ってた本からも、ああいう小さい鏡みたいなのが垂れ下がってた。
 あの女は、ツインテールだった。
 でも今は後ろで縛っている髪を、昨日は変えていたとしたら?
 立木が本を持ち直した動きでどきりとし、俺は顔をまた反対側へと向ける。
 休み時間も終わり、教室から出ていたやつらも、続々と戻ってきていた。
 そして俺の頭の中では、さらに増えた疑問がバトルを繰り広げる。

 ようやく、ようやく放課後になり、遊びに誘ってくれた友人や、神妙な顔で話をしないかと言ってくる担任を振りきり、俺はさっさと帰ってしまった立木の後を追った。
 やがて彼女の姿を遠くに見つけ、ほっとはしたものの、何度も声をかけようとしては思いとどまる。
 一体、何て言ったらいいんだろうか。絶対そうだと思ってついて来てしまったが、それは俺の思い込みで、あいつは無関係かもしれないし。
 本人はこちらに気づいてないようで、寄り道もせず、規則正しい歩調で歩き続けている。
 あたりは次第に住宅街へと変わっていった。
 とにかく、ここまで来てしまったんだから仕方がない。何度目かの角を曲がった立木の背中へと、俺も続く。
 が、彼女の姿はそこにはなかった。おかしい。確かにここを――。
「佐倉くん」
 背後からかかった声に、俺はゆっくりと振り返る。
 電信柱の陰には、立木が。
 ――ばっちりばれてた。
「あたしに何か用?」
 思わず頭を抱えて声を上げそうになった俺に、立木は困ったような表情で、語りかけてくる。
「いや、用っていうかその――」
 ここは、何と言うべきか。悩みに悩んだ末、俺はこう口にした。
「立木さん、昨日、図書館近くの、ビルにいなかった? ――そうそう、パン屋があって、雑貨屋があって、その辺りのとこ」
 我ながらわかりにくい説明だと思いながらも、それでも努めて穏やかに、爽やかに言う。
 変な汗出てるけど。
「……図書館? どこの?」
「あ、朝日ヶ丘の」
「あたし、昨日はずっと家にいたけど。――何なの?」
 そうして眉をひそめる立木。やっぱ人違いなのか? そうなのか?
 やばい。俺、やばい。絶対やばい感じに見えてる。
 そう思ったら、頭がさらに真っ白になっていく。
「いや、その――ぶ、ブックチャームがその人と同じだったし。鏡の」
「え――」
 立木は口を手で覆い、一歩後ずさりした。
「こういうの、困るんだけど。尾行されたりとか。関係ない人にも迷惑かかってるみたいだし」
 まずい、話がどんどん変な方向に。
「誤解! 誤解だってば!」
「まなちゃん、もうやめよう? 可哀想だよ」
 必死さに磨きがかかる俺の背後から、静かな声が割って入った。
 聞き覚えのある響きだ。
「和葉さん、ダメだって!」
 一転、慌てた表情を見せる立木の視線を辿った先――。
 そこには、あの大和撫子が立っていた。

目次